中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

広告宣伝費のマーケット規模 今後の伸びはやはりネット広告

f:id:xmichi0:20191113192759j:plain

市場規模のイメージ

1. 広告宣伝費の市場規模

いきなりですが、

私は、日本の公告宣伝費の市場規模がどのくらいで、テレビとインタ

ーネット広告費がそれぞれどれくらいなんだろうかと、思いました

が、これまでの経験からは、数字のイメージがなく、また肌感覚も

ありません。

金融と不動産、一部製造業は、若干地理感が、ありますが、広告の

世界はさっぱり。

それで検索してみて、電通さんの資料が見つかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

今年の2月28日掲載と、やや古いですが、電通の2018年日本の広告

費をみると

●日本の総広告費は、6兆5,300億円(前年比102.2%)

となり、7年連続のプラス成長

●インターネット広告費は、1兆7,589億円(前年比

116.5%)、5年連続の二桁成長となり、地上波テレビ広告

費1兆7,848億円に迫る

とあります。

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2019/0228-009767.html

 

2.インターーネット広告費の近未来

すごいですね。

6.5兆円の総広告費の中で、インターネット広告費が1.75兆円と全体

の27%も占めて地上波テレビ広告費に迫っている、とのこと。

つまり、今や広告の世界もテレビとインターネットとが双璧で、

過去の成長トレンドからすると、早晩、インターネットがテレビを

抜いていく感じです。

普段の生活から、

 身近に感じることも多いですね。

インターネットの世界の拡大は論を待ちません。

 昔の子供は親から「テレビや漫画ばかり見ていないで勉強しろ」

といわれたものですし、その記憶のあるご同輩も多いかと思います。

最近の子供はテレビや(紙媒体の)漫画は、確かに少なくなってい

るのでは?

 また、私は首都圏にいて、平日も休日も、電車に乗って移動する

ことが多いのですが、20年前、10年前と皮膚感覚で比較して

まず電車で寝ている人が激減しました。

新聞、雑誌、書籍を開いている人も減りました。

老若男女問わず、スマートフォンの画面を眺めている人が激増、

かくいう私も、電車で移動中は、紙の本を読んでいるばかりでなく

て、スマホをみて、メールチェック等やります。

もう一つ追加すると、電車の中の外国人比率が劇的に増えました。

彼らもスマホを見ている割合が多いように思います。

激増という表現は、少し変で、そもそもスマートフォン自体が20年前

には、存在しなかったのですから。

 私は,予言者でも預言者でもなく、未来を見通す力はありませんが、どうも

このトレンドは続きそうで、より多くの人が、一層インターネット

環境にどっぷりつかることでしょう。

先進国、発展途上途上国問わず、また 当局の政治的締め付けの強弱

問わず、そうなるでしょう。

広告宣伝費市場においても、インターネット広告費のシェアが、上昇

していくように、思われます。