中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

「古典の裏」 (読書感想文もどき) 確かに私の知らない裏話でした

f:id:xmichi0:20191202105316j:plain

古典の裏(「みんな知らない」ウラ話)

古典の裏

「知ってるつもり」の有名古典「みんな知らない」ウラ話

 松村瞳/著  

すぎやまえみこ/マンガ  

 笠間書院 2019.10

  1.概要

著者は、長らく国語指導を担当し、

生徒の「書けない、続かない、つまらない」の三大「ない」に

向き合っています。

本書は、「春はあけぼの」で書かれていない時間帯は?

 「源氏物語」で一番あざといいのは誰?

  兼好法師徒然草を書いた本当の理由は?

といった、素朴な疑問に応えています。

「有名古典文学のウラ話を紹介」といった建付けけでしょうが、

私には「裏話」でなく、納得のいく正論に思えます。

ものごとの「実態」を知ることは楽しいことで、生徒も

「なるほど」と興味を持つのでは?

 原文や現代語訳はそのまま勉強に役立ちますし、「背景知識」

や「4コマ漫画」も知の体系を自分の頭の中で、関連付ける際に、

多いに役立つと思えます。

  

2.目次

1 枕草子         2 源氏物語 

3 徒然草         4 平家物語

5 竹取物語        6 方丈記

7 土佐日記        8 伊勢物語

9 更級日記        10 大鏡

 

 3.ピックアップ

➀ 清少納言が人前に出たがらなかったのはなぜ?

   (答)人にみられることが恥ずかしかったから。

 なぜ、そこまで恥ずかしかったのか

   (答)痩せていたから。

なるほど! 

 お米を十分を食べられるから、太ることができる。

  それゆえ太ってることことは裕福である証左。

  当時富があることとが「美しいに直結」

  清少納言は、「醜かった=痩せていた」であり、宮中で一緒

 に食事をしていたら、ちゃんと「美しく=太く」なれる。 

女性の美しさの基準も、時代や環境により様々ということですね。

実は、十分食べられることが富の象徴、ということは、古今東西

よく聞きます。

というか「十分食べられる」というのが庶民含め一般的になった

方が、歴史では、最近のこと(そうでない人も世界にたくさん

いますが・・)

 

② 源氏物語の中で、いちばんあざといのは誰?

  (答)桐壺の更衣

 なぜ彼女はあざといのか?

  (答)わざといじめられたから。 

 こちらの方は、「人間の心理は昔も今も変わらない」ことの

 証左ですね。

   身分という絶対の価値観のなかで勝ち上がっていくには?

   絶対権力者者である帝の継続的な寵愛が必須。

   そのため帝が自分だけを愛し、他の女性に一切目移りしない

   状況を作り出したい

    いじめが、とても都合がいい道具

   女性たちは、いじめることで、「帝に愛される機会を失う。」

 文中の表現を引きます

 心ない周囲からのひどいいじめに泣き崩れながら、着物の袖に

 涙を吸わせているその裏側で、こっそり微笑んでいる

 「あざとい」桐壺の更衣が想像されてならない、

 のですが・・・・・。

 

 平安時代、女性の顔を直接見ることを現代で例えると?

  (答) 全裸を見ることと同じ。 

 源氏物語が人気作品だった理由は?

  (答)性的な場面や問題のある場面が書かれていたから

この辺の話も、良く解ります。

 

③ 兼好法師徒然草を書いた本当の理由は?

 (答)友達にかまってほしかったから。

現在社会のSNS流行も、「自分のつぶやきや考えに友人や多くの

人から反応」があるからで、反応がない文章を書いても心が折れる

だけ。

 徒然草の中の兼好法師の(当時の世相からすると)過激な文章も

炎上してもいい から話し相手を欲している、という著者の解釈

です 。

 

兼好法師がお坊さんの悪口ばかり言っているのはなぜ?

  (答)お坊さんの権威を失墜させたかったから。

なぜ兼好法師はお坊さんの権威を失墜させたかったのか?

  (答)朝廷や幕府のスパイだったから。

 民衆に対しての温かい視線に対して、坊さん相手の底意地悪さ。

 時は鎌倉から室町への動乱期。兼好法師は、幕府や朝廷から

仏教界の権威を貶めるという依頼を受けていた、スパイだった

という説。

 兼好法師の兄が大僧正(お寺のトップ)だからこそ、個人的な

近親憎悪も手伝い辛辣な文章になった、と著者は解説しています。

 

4.まとめ

 冒頭からの枕草子源氏物語徒然草をピックアップしました

 が、全編「なるほど」と思うこと多々でした。

 あとがきで著者は、 

   古典を読んでいるといつも思うことなのですが

   科学や文明がどれだけ進化しても「人間の考えことって、

   あんまり変わっていないのだな」

 と述べていますが、同感です。

歴史の本を読んでいても、

 人間は、いい加減だし、歴史から学ばないし、考え方や感情の

移り変わりには もう数千年以上、変わっていないのではないか

、と私も思っています。  

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古典の裏 [ 松村 瞳(文Labo) ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/12/4時点)

楽天で購入