中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

友達は多い方・少ない方どちらがいいか メリット・デメリット議論と私見

f:id:xmichi0:20200124185326j:plain

気の置けない友達との再会イメージ

今回のタイトルですがネットを引くとヤマのように意見が披露され、

ということは、読み手の関心も、ある程度高そうです。

今日は、割と両極端になりそうな意見を引用し、そのあと私見

述べたいと思います。

当然前後の文脈が違いますし、私の曲解もあるやに知れません。

一つの意見の相違の対象としてとりあげさせてもらいますので、

ご了承ください。

 1.友達は多い方がよい

(1)友達が少ない原因

➀. 自己中心的で相手を思いやる気持ちがないから

②. 極度の負けず嫌いで、すぐに人と張り合おうとするから

③. 愚痴や不満が多く、相手が一緒に居て楽しいと思えないから

④. 人見知りで人と会話をするのが苦手だから

⑤. プライドが高く、高圧的な態度を取るため人が避けていくから

 (2)友達が少ないメリット

➀. 時間やお金を自分の好きなように使える

②. 人間関係で悩まなくて済む

③. 恋人や家族と過ごせる時間が増える

(3)友達が少ないデメリット

➀. 楽しいことや嬉しいことを人と共有できない

②. 悩んだり落ち込んだ時に相談できる人がいない

③. 休日に出かけたり、遊んだりする人がおらず孤独で寂しい

友達が少ないのはメリット?友達が少ない男女の特徴・原因・理由とは | Smartlog

 2.友だちは少ない方がいいんじゃないか

(1) 友達が少ない人の8つの特徴

➀.友達を選定している

②.気遣いをキッチリしてしまうので疲れてしまう

③.自分の価値観と合う人に出会えていない

④.マメに連絡を取らない

⑤.人のことが気にならない

⑥.人と話す機会がそもそも少ない

⑦.友達を作ることにメリットを感じていない

⑧.友達が欲しいと思ったことがない

(2)友達が少ないことの7つのメリット

➀.1人で考える(妄想できる)時間が長い

②.周りに流されず自分のペースで行動できる

③.1つのことに熱中できる

④.自分で調べる癖がつく

⑤.問題を自分で解決する力がつく

⑥.自分なりの情報収集方法を見出す

⑦他の人が思いつかないような発想ができる

(3)友達が少ない人のデメリット

➀.人に愚痴を言ったり、自分の話を聞いてもらうことは、ストレス

の解消  になります。

   友達が少ない人は、そういった機会も少なくなるでしょう。

②.さらに、他の人の意見を聞く機会が少なくなりますので、客観的

に物事を見る視点や、自分とは違う価値観を知る機会を少なからず

失ってしまいます。

   この部分に関しては、補完しておくようにした方が、更に幅広い

視野で物事を考えられるでしょう。

ただし、これらは特に友達から情報を仕入れる必要はありません。

 自分が知りたい・興味を持ったという考えや視点を持っている人

と話す機会を作れば良いです。

そこでは、友達のように本音を語り合ったり、相手のどうでも良

い話を聞く必要はない訳です。

 ここまで出来れば、人として持つべきスキルは手に入りますし、

そこまで「友達」という形式にこだわらずとも、1年に1回会うか

会わないか位の関係性を保っておけば良いですよね。

友達が少ない人の特徴やメリットと気にしない方が良い理由 | つらいことドットネット

 3.友達とは?私見

「友達」の定義をしましょう。

 ➀まず、生きた人間であること

 「本との対話」との表現を、私はよく使いますが、一般的な定義

として「友達」とは、同世代を生きている人間であり、(現代に

おいては)遠隔地にいても、電話やネット環境を使って、ほぼリア

ルタイムで、意思疎通をとる事が可能、ということを前提としている

ように考えます。

また、各人の主観の観点があります。

Aさんは、Bさんを友達と思っていますが、BさんはAさんを「

知人ではあるが友達ではない」と思うことは、よくあります。

②その意味では、本の中で動く、死んでしまった人は友達では

なくなります。

小林秀雄が、【無常という事】の中で、以下のように言います。

「生きている人間などというものは、どうも仕方のない代物だな。

…其処に行くと死んでしまった人間というものは大したものだ。

何故、ああはっきりとしっかりとして来るんだろう。

まさに人間の形をしているよ。

してみると、生きている人間とは、人間になりつつある一種の動物

かな」

ここまでいくと「生きている人間とは、人間になりつつある一種の

動物」となって生きている友達は、存在しなくなります。

「生きている人間」は人間でないわけですだから・・・・

 これは極端にしても、自分が注意力を払う「人間」は、生きて

いる人間だけにこだわる必要もなさそうです。

③結論として

友達の定義からして、私の場合倍、友達は少なそうだし、仕方ない

そもそも、有限のお時間で、たくさんの「友達」とちゃんと付き合

っていけるのかが疑問です。

 脱線しますが、ここでの話の流れは、いわいる人間力があったり、

 権力、資力、コネクション等があって「顔が広い」とか「人脈があり」 というのは、「友達が多い」とは、別次元と考えています。

4.責任を果たしてから

私の現状ですが

➀まず、大人として、家族やお世話になった周りの方々に経済的

責任を、全うせねば、と考えています。

その責任を果たしたうえで、つきあう人間は「好きな」人間で

ありたい。

 その人間が、死んでいようが、生きていようが構わない、つまり

私が読める日本語で書かれた書物の中の人間でもいいわけです。

③必然的にメリットデメリット考えて、生きている人である「友達」

は、私に遺された時間を考えると、費やす時間含めて、友達がそん

なに増えていく感じはしないのです。