中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

広告宣伝費のマーケット規模 電通資料から考える カギはやはりネット広告だが

f:id:xmichi0:20200322105130j:plain

広告業界をイメージしたかったのです

1.インターネット広告費のテレビ超え

すこし古いニュースに、直近の新型コロナ所感を交えながら

書きます。

 半年ほど前、2018年の日本の広告費資料から、考察しましたが

2020年3月11日のリリースされた2019年の資料から、再度考えます

2019年 日本の広告費 - ニュースリリース一覧 - ニュース - 電通

要旨は、 

・日本の総広告費は、6兆6,514億円(前年比101.9%)となり、

 8年連続のプラス成長

・インターネット広告費は、1兆7,589億円(前年比116.5%)、

 6年連続の二桁成長となり、テレビ広告費を超え、初めて2兆円

 を上回る。

下記の図表1は象徴的ですね。

 

f:id:xmichi0:20200321230804p:plain

テレビメディア広告費とインターネット広告費比較

半年前に書いたことを再度引用すると

広告宣伝費のマーケット規模 今後の伸びはやはりネット広告 - 中高年michiのサバイバル日記

インターネットの世界の拡大は論を待ちません。

昔の子供は親から「テレビや漫画ばかり見ていないで勉強

しろ」といわれたものですし、その記憶のあるご同輩も多

いかと思います。

 最近の子供はテレビや(紙媒体の)漫画は、確かに少なく

なっているのでは?

 また、私は首都圏にいて、平日も休日も、電車に乗って移

動することが多いのですが、20年前、10年前と皮膚感覚で

比較して まず電車で寝ている人が激減しました。

 新聞、雑誌、書籍を開いている人も減りました。

 老若男女問わず、スマートフォンの画面を眺めている人が

激増、 かくいう私も、電車で移動中は、紙の本を読んでい

るばかりでなくて、スマホをみて、メールチェック等やり

ます。

 もう一つ追加すると、電車の中の外国人比率が劇的に増え

ました。

彼らもスマホを見ている割合が多いように思います。 

 特に修正する必要はないどころか、新型コロナウイルスの影響で

テレワークやネットショッピング、ネットでの講義、卒業式はじめ、

インタ―ネット市場の一層の拡大に拍車がかかっている気がします。

2.「世界的鎖国状態」の影響は?

(1)下記掲載の、媒体別広告費をみると

「プロモーションメディア広告費」は、全体の32.1%と、やはり大

きいですね。

マスコミ4媒体(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)合計の37.6%

に次ぐシェアです。

この「プロモーションメディア広告費」の中の「野外」、「交通」、

「イベント」について、少しコメントしたいと思います。

 まず、電通による解説は以下のとおり。

プロモーションメディア広告費 2兆2,239億円

デジタルサイネージ化が進む「屋外広告」「交通広告」

と、広告業が取り扱うイベント領域を拡張推定した「イベ

ント・展示・映像ほか 」(改定項目)が増加した。

なお、前年同様の推定方法の場合、2兆436億円(前年比

98.8%)。 

(2) 私が関係する会社にイベント会社や、広告を出す立場の

会社もあり、ここ数年、この手の情報に敏感にはなっています。

実は少し前は「デジタルサイネージ」の言葉さえ全く知りません

でした。

電車での移動が多いので、勢い電車内の交通広告は、比較観点

からよく見ます。

 言いたいことは、ある意味当たり前、陳腐な表現

2020年は、新型コロナの影響で、相当数値が変わるのでは? 

特にイベント、野外、交通の順に影響が大きいのでは。

ということ。

(3)大きなトラブルが起こると「先が見えない」という表現は

よく使います。

しかし、今振り返ると、アジア通貨危機も、リーマン・ショック

も波及部分は、ある程度見えていた気がします。

今回の新型コロナは、これを書いている時点で、「着地のイメー

全く見えない」気がします。

  考える元素材は、国内広告の数字を扱う電通資料でしたが

数字はありませんが、人の移動、集合を大きく制限しているわけ

ですから世界的なイベント広告需要、交通広告需要の減退を、考

えてしまいます。

漏れ聞くところ、米国トランプ政権は、まず航空業界とホテル業界に

おカネを流すテコ入れのようですね。

 今後の動向を、ニュースで日々追っていくことになります。

 

 なお、書籍紹介は再度「消費社会の神話と構造」、いまや社会学

名著、古典と言っていいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消費社会の神話と構造新装版 [ ジャン・ボードリヤール ]
価格:2310円(税込、送料無料) (2020/3/22時点)

楽天で購入