中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

新型コロナ報道(3月末現在) 3蜜、不要不急、例えばパチンコ 最後はハラリ氏紹介

f:id:xmichi0:20200312111857j:plain

新型コロナの世界経済への影響イメージ
1.不要不急の判断は難しい
(1)2020年も三月末ですが、あいかわらず、新型コロナ旋風が世界
中で吹き荒れていますね。
先日3月最終の日曜は、行政の「密閉、密集、密接の3つの密の回
避」要請に加えて、不要不急の外出自粛要請。
不要不急の外出自粛は、関東については、国内海外はじめ複数の「対応
甘さへのバッシング」、「季節外れの寒さと雪」もあり全体として
は、功を奏したようです。
(これを書いている)平日は「仕事の人も多いですから」ある程度の
交通量と、賑わいを感じます。
(2)今日は、パチンコについて少し、書きます。
私の、現時点の結論は、
 ・パチンコ業界の3蜜の反論は、他と大差なし。
 ・パチンコ店来店が「不要不急でないこと」とは言えない
 ・警察権力が、やはり大きな力を持っているのでは。
といったところ。
補足説明を以下に書きます。
密閉、密集、密接の3つの密回避要請として、槍玉にライブハウ
ス、スポーツジム、カラオケ、屋形船等々、あげられています。
一部に、「なぜパチンコ店が回避の対象ではないの?」の質問もある
ようですが回答に説得力が、あまりないようです。
例えば、3蜜対象の議論に対し、
 パチンコ業界も当然反論していて、
 ・普段の衛生管理(ハンドル含め各種機械の消毒等)には努めて
  いる
 ・監督官庁の指示に十分従っている
 に加えて、 
パチンコ店舗は、換気励行で密室状態ではない
もくもくと、お客はパチンコ台に向かうので、「密接」はない
・立ち見はいないし、パチンコ舗内は「密集」はない
が主要反論のようです。
いろいろな、エンターテイメント(文化、教養も含めて)も多様化
しているのだからライブハウス、スポーツジム、カラオケ、屋形船
等々、に限らず「自粛要請」受けたところも、いろいろ反論はあるはず
個別に、お上がリスクを判断するのは、やはり難しい、と思われます。
次に、「不要不急」と言えば、行政の一部の人の見解は、「花見」だ
そうですが、さて、パチンコは?ということ。
 これは、弁解の余地なし、
不要不急の自粛要請に花見がそうなら、ゲームセンターだけでなく、
パチコ店もそう でしょう。
「不要不急」判断が、個人の価値観一任とすると、もはや、どの施設
云々は、言えないはず。
いわいる西側の民主主義国家では、「自粛要請」のは、限界があり、
今の欧州・米国を見るまでもなく、事態進展では「自粛でなく強制」
となるのでしょう。
③いつの時代も、どの世界もそうですが、強いものが得をする。
というか、うまく立ち回れることが、すなわち「強い」との解釈もで
きます。
天下り官僚受入はじめ、パチンコ業界と警察業界の強い結びつきは
誰しも、知るとこと。
少なくとも、ライブハウス、スポーツジム、カラオケ等々の業界よ
り、太いパイプは、ありそうです。
 2.情報を取り、よく考えよう。 
少し古いですが、2020年0327朝のNHKニュースを見ていました。
テロップには「21歳大学生」とあります。
彼女曰く
「報道が難しすぎてよくわからない
 もっと解りやすく、説明してほしい。」
ジョークや皮肉を込めて、ならまだ救いようがありますが、
これが、本心だとしたら、恐ろしい限り。
いまさら、大学教育云々は、コメントしません。 
しかし、21歳と言えば大人ですよね。
マスメディアの報道が偏向しているのを知れ、世界の現状詳細把握
せよ、とは言いませんし、報道のウラ、報道していないことを読め
とは言いません。
せめて、相手が喋っていることは、理解できる、くらいになってい
いと。
もう一つ、相変わらず、私は、「煽り」と思っていますが、
ひとりの感染者の報道、しかも、県で初めてとか、地域で初めて
とか、また数字の比較感もなく、感情に訴え、導こうという「お涙
頂戴式」の報道も、ありますね。
報道をそのまま、受け入れそうな人々も、少なからず、いるように
思います。
私が心配してどうになるものではないですが、やはり心配です。
③「自分で考える」とはいえマスメディアの影響力は、強いと思い
ます。
私の価値判断ではなく、客観的な想定として、英国皇太子や英国首相、
保険相の感染、カナダ首相夫人の感染等より、「クロコダイル・ダン
ディー」などで知られるアメリカの俳優、マーク・ブラムさんの死亡
よりコメディアンの「志村けん」さんの死亡は、今回の感染症の影響
度を一般の日本人に示したことでしょう。
3.サピエンス全史、ホモ・デウスの著者ハラリ氏
上記2の➀は、特に冷酒のように後で効く「親父の小言」でなく、
に中高年の愚痴になってしまい、建設的でないので、最後は、かの
ユヴァル・ノア・ハラリ(Yuval Noah Harai)氏が20202年3月30日の
日経電子版に少し書いていたので、引用し、締めとします。
(まず現状認識について)

人類はいま、世界的な危機に直面している。

おそらく私たちの世代で最大の危機だ。

私たちや各国政府が今後数週間でどんな判断を下すかが、今後数年

間の世界形作ることになる。

その判断が、医療体制だけでなく、政治や経済、文化をも変えていく

ことになるということだ。

(末尾の結論部分を引用します。)
我々は目の前には、自国を優先し各国との協力を拒む道を歩むのか、
グローバルに結束していくのかという2つの選択肢がある。
前者を選べば危機は長期化し、将来さらに恐ろしい悲劇が待つこと
になるだろう。
後者を選べば新型コロナに勝利するだけでなく、21世紀に人類を襲
うであろう様々な病気の大流行や危機にも勝利することができる。