中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

私の関心が高い外国「台湾」ですが、書籍「台湾研究入門」の紹介 直近話題は台湾のコロナ対応

 

 

 

 

f:id:xmichi0:20200407120551j:plain

台湾について考えていることは尽きない

1.台湾への関心

(1)以前も書いていますが、台湾は私にとり、最も関心のある

外国であり、ニュースも、それなりに、追っています。

直近のブログでメインに触れているのは、1月23日の下記です。台湾には思い入れがあり、好きです。選挙後の今後にさらに注目 - 中高年michiのサバイバル日記

(2)直近では、やはり新型コロナウイルス対応で、興味深い記事

を見つけましたので紹介します。

台湾のコロナ対策が爆速である根本理由「閣僚に素人がいない」 ポストを実力本位で振り分けている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

新型コロナウイルスへの対応の速さで、台湾政府は世界的

に評価を高めている。

なぜそこまでスピーディなのか。

台湾の政府系シンクタンクで長年顧問を勤めていた藤重太

氏は、「日本は論功行賞などで素人でも大臣になってしま

うが、台湾はその分野のプロでなければ大臣にはならな

い。

この政治システムが最大の理由だ」と指摘する

台湾の「大臣」に国会議員は少なくて、いわいるテクノクラート

のようです。

(3)なお、政治からみは、コメント難しいですが、事実関係だけ少し引用します。

台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎” | NHKニュース

台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎”

2020年4月11日 22時33分

新型コロナウイルスへのWHO=世界保健機関の初期対応

をめぐり、台湾当局は、去年12月にWHOに送った文書を

公表し、中国でヒトからヒトへの感染が疑われる事案が起

きていると警告していたと強調しました。

WHOの対応を批判するアメリカに歩調をあわせた形で

す。

 2.「台湾研究入門」の具体的紹介

 さて、今日の話は、

多数の学者が参加して、書いている、台湾分析の書籍紹介

それぞれの切り口が、とても面白いです。

実は、3月28日に

新型コロナのなか 地元の図書館が1年2ケ月ぶりにオープン いい天気 となりの公園では子供が遊ぶ - 中高年michiのサバイバル日記

の中で、「早速拾い読みしてみる」と書いていますが

本日は、2,3、ピックアップし紹介します。

改めて書くと

台湾研究入門

著者       若林正丈/編  

家永真幸/編  

出版者    東京大学出版会 2020.2

  重層的な移民が作り上げた活気に満ちた社会、台湾。

日台の幅広い年齢層の研究者が、政治・経済・社会・

文化・歴史など、それぞれが得意とする台湾理解のキー

ワードを解説する。

 内容とタイトルを列挙すると

(1)日本の植民地統治が台湾社会に与えたインパク

       ・統治構造   新田龍希∥著

  ・台湾法制   浅野豊美∥著

  ・近代国家による可視化と台湾、台湾原住民   松岡格∥著

  ・学校教育   駒込武∥著

  ・在台日本人   顔杏如∥著

  ・ジェンダー・階層・家族   洪郁如∥著

  ・「平穏」な籠の中で歌う   陳培豊∥著

  ・日常生活史   陳文松∥著

  ・台湾ジャーナリズムにとっての帝国経験   谷川舜∥著

  ・脱植民地化の代行   森田健嗣∥著

(ここから一つ引用)

P125 

国民党統治下の台湾に生まれた人々、すなわち「中華民国に生まれ、

国語で教育を受け、国民党式の民族精神教育を受けた」世代の林瑞明

も自身の経験として、いつの間にか末尾に「来年は南京で中秋節を迎

えたいものだ」・・・(中略)・と語っている。

この世代にとり、国民党政治に反感を覚え、植民地期の「日本」経験

を自己アイデンティティ防衛のツールとする人々は理解不可能と映った。

対して、植民地期を経験した世代は、「台湾の戦後教育は失敗した」

「子どもたちは中国人だから」など、」国民党支配下の教育により」

自分たちの子女が「異民族」の子どもになったしまったと驚嘆した

のである。

 (2)「中国」との距離

   ・中華民国憲法   吉見崇∥著

  ・国籍と戸籍から見る中華民国台湾の境界   鶴園裕基∥著

  ・中華民国の国歌   三澤真美恵∥著

  ・国定記念日・祝祭日   周俊宇∥著

  ・分断国家の正統性   家永真幸∥著

  一国二制度   倉田徹∥著

(ここから二か所ほど引用)

P203

一国二制度」には50年の期限が設定されており、香港・マカオ

中国建設100周年の前後に相次いで「期限切れ」を迎える。

その後「一国二制度」を延長するのか、或いは何らかの新たなアレ

ンジが選択冴えるのかという「前途問題」も、時を追うにつれて重要

さを増していくことになるであろう。

P205

2019年10月10日の国慶節での演説で蔡英文総統は中国の香港統治

は失敗であると述べ、「一国二制度」を受け入れれば中華民国が生

き延びる余地はない(と述べ)、国民党は、台湾独立に反対する一方

一国二制度」は受け入れないことも堅持」

新党は、一つの「中国」のも音での「一国二制度」は、むしろ現状に

近いとの立場。

  ・台湾と中国の経済関係   佐藤幸人∥著

(3)台湾の民主化以降の社会・文化

 ・台湾人アイデンティティ   何義麟∥著

(ここから一つ引用)

P223

台湾の住民はいつごろから「我々が台湾人だ」という自覚を持ち

始めていたのか。

それは、間違いなく日本統治下に芽生えた植民地人としてのアイデン

ティティだといえよう。

これは差別を受けた土着住民が反発し、外来統治者の日本人を他者と

して形成された自己認識だと言えよう。

1895年以降、日本は台湾を植民地として約50年間統治してきた。

それがもららした最大の変化の一つは、台湾人という自称の定着

だと言えよう。

   ・多文化主義   田上智宜∥著

  ・台湾語映画   魏逸瑩∥著

  ・まちづくり(社区営造)の担い手のゆくえ   星純子∥著

  ・慰安婦問題   劉夏如∥著

  ・移行期正義   平井新∥著

  ・台湾の政党政治保守政党   林成蔚∥著

(4)台湾の学会から見た日本の台湾研究

  ・「台湾史」と「日本史」の交錯   呉密察∥著

 ・ 台湾における「若林台湾学」の受容   許佩賢∥著

(5)台湾研究序説のために

 ・ 「台湾という来歴」を求めて   若林正丈∥著

  3.現時点はやはり新型コロナ対応に注目

 個人的には、タイトルの件の各国政府対応の違いに関心があります。

過去国事情が違うのだから、対応が違うのは当然ですが、それぞれ

時の為政者の能力による対応の差異は否めません。

私は日本語情報しか読み解けませんが、台湾政府も継続ワッチです。