中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

経済で読み解く世界史(読書感想文もどき)歴史を動かすのはやはり経済の形を取る人間の欲望

f:id:xmichi0:20200326170523j:plain

たくさんの人間の欲望の集積が世界史だ、とのイメージ

経済で読み解く世界史

著者       宇山卓栄/著  

出版者    育鵬社 2019.2 扶桑社(発売)

  1.概要

古代から現代に至るまで、通史で世界史を追い、世界経済の動きを

体系的に理解できるよう解説しています。

とても読みやすい、です。

「はじめに」の中に明確に趣旨の記載があります。(太字は私)

歴史を勉強することは物事の因果関係を見抜く思考力を鍛えるための

最高の訓練となります。

歴史はカエサルやナポレオンら偉人によって動くのでなく、名もなき

人々の怒り・不満・欲望・執念の集積によって動きます。

経済という尺度によって、それらの動向を追い、人間社会の一般原則

を導き出すこと、これが本書の目的です。 

 2.目次

概観

 01 歴史の原因を経済に求める思考

    02 時代のイメージを把握せよ 

古代

  01 古代の通貨戦争

  02 自らの重みに耐えられず、瓦解する巨大機構

  03 中国経済圏の形成

中世

  01 ヨーロッパは中世に誕生したのか?

  02 紙幣によって発展し、紙幣によって滅ぶ

  03 世界を繋いだ銀

  04   イスラム、巨大な経済圏の出現

 近世

  01 15・16世紀のジョイント・ベンチャー

  02 ジェノヴァ・システムの崩壊

  03 オランダの資金力と販売力の源泉

  04  東西をつなぐ偉大なる仲介者オスマン帝国

  05  清王朝、優れた利害調整能力の源泉

近代

  01 バイオマスの再生スパンを超える近代

  02 イギリスの「収益=略奪」のシステム

  03 国家は国民の富を収奪する

  04  18世紀のリフレ派ジョン・ロー

  05  「大分岐(Tne great divergence) 」

現代

  01 資本主義は絶えず再生する

  02 世界恐慌

  03 第二次世界大戦、危機の構造

  04   中国と日本、通貨の戦争

  05  外敵としてのソ連、内敵としての労働者

3.ピックアップ

歴史に与えた影響度の重要度よりも、私が、「なるほど」と思った
り、「知らなかった」という観点で抜粋しています。
 
(アケメネス朝ペルシアは金本位制ギリシアは銀本位制というな
か、ギリシアで大規模銀山の開発が進むという背景で)
ペルシアの金流出が止まらなくなります。
ペルシア政権内部では、金貨の流出を食い止めるためにも、ギリシア
を征伐するべきとの声が強まり、紀元前480年、ついにギリシアへの
大艦隊の派遣が決定され、ペルシャ戦争が本格化します。 P43
 
(なぜ、ローマは自分より強大なカルタゴを滅ぼせたか)
ローマの人々は国家意識が強く、この戦争に勝たなければ、自分たち
の将来がないことをよく自覚し、私財を進んで投じ、財政を軍事に
集中させることを認めました。
一方、カルタゴの人々は、国家のために私有財産を危険にさらすこと
を拒絶しローマを凌ぐ資金力・経済力がありながら、それを有効活用
できませんでした。 P54
 
ノルマン人は「ヴァイキング=海賊」というイメージが強いのです
が、沿岸地域を略奪した「破壊者」というよりも、海運業によって
沿岸部をネットワーク化し、経済・産業を振興した「創造者」という
のが実態です。 P78
 
中世ヨーロッパでは、カトリック教会が利子の徴収を禁止していま
した。
貨幣経済の浸透により、この徴利規程は空文化していき)
16世紀の半ばに(中略)ジャン・カルバンが5%の利子取得を認めた
ためイギリスやオランダなどのプロテスタント諸国で、金融業が拡大
し史上に豊富な資金をもたらしました。     P85
 
支配階級は自らの富を確保するため、土地などの生産手段を独占し、
多数の人間を貧困に閉じ込めます。
しかし、支配階級のこうした利己的行為は、経済学的に見れば、理に
かなったものと理解することもできます。 P89
  
宋王朝は紙幣という信用貨幣を用い、経済を拡大させることに成功
しましたが、ひとたび信用が損なわれると、すぐに経済がマヒしま
した。
信用貨幣の副作用とでも言うべき負の連鎖に襲われた宋王朝が維持
することは不可能でした。     P96 

 

この大量に日本銀は中国に向かいました。
明王朝は、海禁を敷いていたため、表立って貿易することはできず、
中国沿岸部で、密貿易が盛んにおこなわれました。  (中略)
明王朝から弾圧された「ニセ倭寇」は中国に大きな貿易黒字をもたら
します。
彼らが道貿易で稼いだ大量の銀が流通し、中国経済は、回復・成長し
ていきます。    P109
 
ジェノヴァは交際などの引き受けを通じて、ポルトガルやスペインか
ら高い利払いを受けます。
一方、資金の預かり元であるヨーロッパ中の富裕層や投資家には、低
い利払いしか与えません。
この利払いの差益がジェノヴァの利益でした。  P129
 
 富裕層というものはいつの時代でも、ハイリスク・ハイリターンの
一発勝負を好みません。
オランダ東インド会社は長期安定性重視型の投資スタンスを取り、
多くの富裕層の資金を集めることに成功し、イギリスに先んじて、
アジア交易を開拓していくことになります。  P142
 
オスマン帝国の単一通貨、単一市場は領域内に大きな経済的恩恵を
もたらし一部の周辺地域は、進んでオスマン帝国へ帰属し、単一市場
編入されることを望みました。  P157
 
たとえ、国際的な特許規制が整備されても、技術は国境を越え、必然
的に模倣されてしまい、しょせん、取り締まることなどできません。
(中略)後進国には、どの時代においても、模倣の優位性があるの
 です。   P184
 
(19世紀においても)中国は巨大な人口を有しているために、労働力
はきわめて豊富で、ヨーロッパと比べれば人件費はただ同然で、労働
コストを削減しなければならないという考え方がそもそもなかったの
です。
そのため、膨大な投資金や時間のかかるる機械化へのインセンティブ
が働きませんでした。
このような事情は巨大人口を擁するインドにも、そのまま、あてはま
ります。
日本の場合、19世紀の労働コストは中国よりも高かったため、低価格
の労働力依存に陥ることなく、明治維新後は各産業で一気に機械化が
進みます。  P211
 
日本軍により発行された銀行券は、軍費調達のための手形である軍票
都とともに乱発され、価値が暴落していきます。
結局、これらの銀行の銀行券は信用を得られず、ポンドやドルの裏付
けのある国民党政府の法幣に取って代わることはできませんでした。
こうして、日本軍は占領地でのファイナンスに窮したため、軍事力に
よる強制徴収で、軍事調達するしかなく、広大な中国において、際限
なく戦線を拡大していきました。
日本軍はファイナンスの計画性をほとんど持たず、また当時、浸透し
つつあった法幣への対抗手段を持たず、無謀な戦争に突入したのです。  P274
  4.私の感想
特に古代から中世ですが、生産性の向上が歴史に大きな影響を与えて
いたことが改めて解りました。
生産性向上とは、近代以前は、すべてとりもなおさず農業の生産
性の向上であり、気候変動の影響が極めて大きいことを再確認でき
ました。
つまり、暖かくなってくると生産性が上がると政体は安定傾向とな
り、安定が維持ができる政府は長続きする、ことになります。
(気候変動の影響は、最近いろんな分析を聞きます。)
末尾に引用した、第二次大戦前の日本軍のファイナンスは「なるほど
よく整理されている」と実感です。  
 

今週のお題「オンライン」 私に見える狭い範囲の話。 昔話とテレワーク

f:id:xmichi0:20200403170717j:plain

テレワーク中のイメージ

今週のお題「オンライン」とのこと。

非常に、幅の広いテーマですね。

今回は、分析も、将来予測も、社会批評も、一切なし。

私から見える、足元の狭い狭い話に従事します。

 1.便利であることは、この上ない

個人的には、オフライン、紙での読書が好きですが

携帯やノートPCは、便利であることは、この上ない。

いくつか要素を書きます。(昔話的ですが・・・)

 (1)メモ代わり

若い人から見たら、稚拙な中高年の利用法でしょう。

というのは文字を打つだけですが、メモ代わりになります。

私は特に悪筆で、紙に自分で書いた文字も後で判読不能もあり

紙のメモ帳代わりとして、重宝しています。

  (2)電子メール

①連絡が迅速、大量

ビジネスの世界で、この電子メールが、やはり画期的だと思い

ます。

お若い方には、イメージがわきにくいかと思いますが、

私がごくごく若い頃の「一斉連絡」には、ファクシミリと電話の合

わせ技の時代でした。

②時差の意識が、変わった

昔は、日本時間の夕方になると今ロンドン市場が開いた、とか

朝早く出社して、ちょうどニューヨーク市場が締まった時間だとか

海外の時間を見て、電話していたこともありました。

日本語使用がほとんどですが、たまに英語を使って「国際電話」は、

大のニガテ。

手元に用意したフリーハンドの紙のメモ多々、といった感じ。

電子メールがあると、ぐっとはかどったでしょうに・・・・

いま思うと、と牧歌的な気もしますね。

③メールチェック

今や、ビジネスディ昼間の移動中の電車の中は、電子メールチェッ

クの時間という方も、多いのでは?

プライベート含め、都内の電車車内は、スマホ画面覗いている人が、

大多数で、なかにはメールチェックの方も、と思料します。

(3)文書の整理ツール

私が働き始めた時代は、日本の職場各地に、個人ごとのPCが普及して

きました。

何事においても「整理」がニガテな私には、仕事としての文書整理・

保管に「オンライン」機能は極めて便利。

それどころか、今更、紙の書類の整理・管理をやれと言われても

無理な気がします。

資料作成費ひとつとっても、共有ファイル部分から、一部引っ張って

きたり、便利でした。

(4)検索ツール

検索機能は、PCやスマホを使う理由の真骨頂のひとつでしょう。

昔の話ですが、紙の時刻表を買い込んで、勝手にイメージ膨らましな

がら、それなりに楽しんだこともありました。

  2.テレワークに思うこと

  実は、テレワークについては、このブログで程書いており

2019年11月19日に下記

管理系の仕事が、今後も地価の高い都心の事務所内に残っていくの?(五輪時のテレワークは契機か) - 中高年michiのサバイバル日記

東京オリンピックを2020年に控え、行政のほうでもテレワ

ークを 後押し。 

小さなサテライオオフィスは、現在継続進行中で、今後も

広がって いくでしょう。

 いったん広がると、オリンピックが終わったので、「はい

テレ ワークも終わり、元に戻していいよ」といったところ

で、 「元に戻るはずはない」というのが私見です。

 を、末尾に書いていますし、同じく2020年2月27日に

テレワーク再論 コロナウイルスが制度の定着を後押し? 2020年2月後半での所感 - 中高年michiのサバイバル日記

この回のブログの締めは、

想定外の現象が、従前の構想の後押しをする、という典型

ケースに思えます。

農水省にしても、総務省にしても、かなり大きな動きに思

えます。

民間企業も追随しそうですが、各方面への影響が、私に解

るはずはありません。

おそらく短時間で、一定の結論が出せる話ではないでしょ

う。

まさに、事態は、刻々と現在進行形。

これを書いているのは4月アタマです。

新型コロナウイルスが、世界中で、テレワークを後押している感

じです。

実務的に感じるのは、まだまだ法制度・社会制度が、完全なテレワークには国が対応ききれていなくて、疎外要素を持っていることこと

です。

3.中高年michiのつぶやき

正直なところ、オフライン環境の中で、

自分の思うまま好き勝手に、考え行動する中で、経済的自由を確保

し生活を維持していければよいな、と妄想するのですが、現実は厳

しい。

もはや、オンライン社会に完全に組み込まれていて、抜け出せないよ

うに思います。  諦めが肝心です。

 末尾紹介は、また「ホモ・デウス」です。 


 


 

緊急事態宣言 各自生活があるので取り方は様々 3蜜・不要不急は不変

f:id:xmichi0:20200309150855j:plain

日本もいよいよ緊急事態宣言?
1.緊急事態宣言
(1)社会問題を論評しようとすると、昨今は、どうしても新型コロ
ナ問題関連から、離れられません。
パンデミック宣言、ロックダウン、オーバーシュート、都市封鎖、
緊急事態宣言等々、おそらく三か月前は、特殊用途に近い、言葉だっ
たかと思います。
言葉の定義や内容が、意図的・無意識問わず、ずれたり、変化した
りするは世の常ですが、今日は緊急事態宣言について、少し整理して
みました。
少し前(2020年3月13日)に書いたWHOのパンデミック宣言とは違う
ようです。
(2)これを書いているのは、2020年4月6日午後です。
明日7日にも「緊急事態宣言か?」と、マスメディアは引きも切らず、といったところ。
強いて言えば4月6日16時過ぎの下記「緊急事態宣言がでたらどう
なる?」はよくまとまっていると思います。
まず、全体理解のためにまた、Wikipeitaからの抜粋です
 まず非常事態宣言の対象と措置ですが

対象には武力攻撃、内乱、暴動、テロ、大規模な災害など

のほか、鳥インフルエンザやAIDS、ノロウイルス、コロナ

ウイルスなど疫病もある。

 措置には警察・軍隊など公務員の動員、公共財の徴発、法

律に優位する政令の発布、令状によらない逮捕・家宅捜索

などを許すことの他、報道や集会の自由など自由権の制限

である。

 とのことです。

最近の事例の根拠法は

 現在では、災害対策基本法に基づく災害緊急事態の布告

と、警察法に基づく緊急事態の布告、新型インフルエンザ

等対策特別措置法に基づく新型インフルエンザ等緊急事態

宣言があり、いずれも内閣総理大臣が発する。

 米国は確かに事例が多いようです

アメリカ大統領が非常事態を宣言すること自体は珍しいこ

とではなく、外国からの脅威があるとして大統領の権限で

資産凍結を行う際に宣言される他、テロや感染症に対応す

るためにも宣言されるアメリカ合衆国では、1979年の対イ

ランの資産凍結を含め、約30件の宣言が2019年2月現在で

有効とアメリカのメディアで報じられている

 (3)世界各国の発動例ですが、最近のものを抜粋します。

悲しいかな、よく私の記憶に残るものが多々あります。

2001年 9月11日 - アメリカ同時多発テロ事件アメリ

カ)2004年12月26日 - スマトラ島沖地震スリランカ

モルディブ

2009年10月24日 - 新型インフルエンザ(H1N1亜型)感染

拡大(アメリカ)

2010年 9月4日 - カンタベリー地震ニュージーランド

2011年 3月11日 - 福島第一原子力発電所事故に対しての

原子力災害対策特別措置法による原子力緊急事態宣言

(日本)

 2014年 7月31日 - 西アフリカエボラ出血熱の流行

シエラレオネ

 2015年11月14日 - パリ同時多発テロ事件(フランス)

 2019年 2月16日 - メキシコとアメリカの壁建設を目指し

ドナルド・トランプが発令したもの(アメリカ)

4月23日 - スリランカ連続爆破テロ事件(スリランカ

8月23日- 大規模森林火災(ボリビア

10月18日 - チリ暴動(チリ) 

 (4)今回の新型コロナの件は、抜粋なしでそのまま引用。
 以下2020年の話です。

1月31日 - 新型コロナウイルスの感染拡大(イタリア)

3月11日 - 同(ハンガリー),3月12日 - 同(チェコ

3月13日 - 同(アメリカ・エストニア・スペイン)

3月14日 - 同(リビア

3月15日 - 同(カザフスタンスロバキアセルビア

フィリピン・ブルガリア南アフリカモルディブ

レバノンパレスチナ自治政府

3月16日 - 同(ルーマニア)3月20日 - 同(ブラジル)

3月25日 - 同(ニュージーランド)3月26日 - 同(タイ)

 あれ、中国がないな、その通り。
 中国については、変な数字で隠ぺい工作、情報操作?
 軍事バランスの問題は、大丈夫?と多々あり、過去のブログでも
少し書いていますが、それは、改めて。
実際の影響度は、他に詳しい、解説がたくさんありますので、そちら
に譲ります。
私の実体験、日々の生活から気づくことを書きます。
(1)公共の交通機関は、止まらないとのこと。
 いわいる完全なロックダウン(都市封鎖)とは違います。
 ということは、私の日々の行動は、基本的には変わりません。
(2)行動制限、テレワーク雑感他
 私が関係している複数の会社も、事業特性により、テレワーク対応
は様々です。
 ➀ある社長は、明日から全社員の3分2までテレワークができれば、
  と発言。
  民間企業ですから相手がある話です
 ②別の金融機関の知人は、そもそも事業特性からテレワークは
  不可能と明言
 ③また別の事業会社幹部は、郵便物、役所対応、現在の決裁フロー
  等考慮し100%のテレークは無理と言っていました。
 ④バーや飲食、旅行関係の知人は前々から大変ですが、
  学習塾も「不要不急」で休めと言われると、経営者は頭を抱え
  ます。
 ⑤医療施設のための不動産利用も緊急事態宣言で、より動きやすく
  なるようですが、このあたりの直接の知人はいません。
(3)切実な感想
 身近な人で、仕事が「蒸発」してしまい、100%収入がなくなって
しまった人を見るのは、つらいものです。
税金元に収入確保の政治家や公務員はいうに及ばず、公立学校教
職員、メディア関係ほか仕組みに「守られている」は良いが、
そうでない人の大部分が生活に大きな影響を受けています。
それでも、仕事のある人は、いい方で、外出をして、おカネを稼
がざるを得ません。
ある個人の記事で

外出自粛を我慢できる人、自宅勤務ができる人からすれば

「なぜ外出自粛しないのか」と、不用意なバッシングが強

まることが懸念される。 

 とありましたが、その通り、と思います。

(4)少し、先を見た想定(いや妄想?)
感染者について、少し書きます。
〇感染者増加率がイタリアはピークを打ち、スぺインもそろそろ、
との話も聞きます。
〇大統領他、政治家が言うように米国国内は、この1,2週間で
感染死亡者はピーク打つ?
私の懸念の第一は、従前から一貫して自分自身や身近な方々の
 経済問題ですが、加えて「これから拡大する地域と軍事問題」
 です。
 中南米やアフリカ諸国他、医療体制が弱いところが、襲われる
 ・難民はじめ社会的弱者(米国の無保険者等含む)への広がり序章
 ・若者でもエイズ治療薬常時服用者含め「弱っている」人々は、抵
  抗力が弱い
 ・米国国航空母艦船員感染にみられる軍事的勢力均衡への影響
 締めは、少しぐらい明るくと、と考えたのですが、
どうも今日の締めは無理のようです。
こういう時だからこそ、紹介は古典中の古典ヘロドロスの「歴史」
電子書籍版です。 
 
 

犬は、やはりホモサピエンスの最初の友達、パートナーのようです。

f:id:xmichi0:20200325233927j:plain

狩りのパートナーとしての犬のイメージ
犬について、タイトルの件で少し書いてみます。
いろんな引用含め、勝手に想像しながら、ホモ・サピエンスと犬
のなれそめ、深まる付き合い、を書いてみます。
 1.個人的には犬は苦手
個人的には、犬は苦手で昨年11月16日に、このブログに
「私は犬が怖い(本ではなく個人的体験)」と書いています。
趣旨は
私は幼児のころシェパードに噛まれた原体験があります。
私にとって、ずっと犬はコワイ存在、ついに今でも友達には
なれていません。
というものです。
 個人のニガテ意識は置いといて、今回は、歴史を遡ってみます。
なお、現在の状況は、書きません。
「犬とヒトとのおつきあい現役組」含め、現状分析は、私よりはるか
に適任の方が、多々いらっしゃるでしょうから・・・。
  2.犬と人間のつながり

犬と人間のつながりの歴史。どうして人間は犬と暮らすようになったの?(PECO) - goo ニュース

2017/09/27 18:21

➀どうして人間は犬と暮らすようになったの?

 犬は歴史上、人間が初めて家畜として飼育した動物であるとされてい

ます。

犬と人間との関わりの歴史は驚くほど古く、約40万年前〜15万年前の

旧石器時代の遺跡から、犬の祖先であるオオカミの骨が発掘されてい

ます。

どの時点でオオカミが犬へと進化したのかはよくわかっていません

が、少なくとも世界各地に点在する約1万2000年前〜3万5000年前の

遺跡においては、人間が居住していた住居跡や洞窟の中から犬の骨が

見つかったり、犬が人間と共に墓に埋葬されているのが見つかってい

るため、この時期までにはオオカミは犬へと進化し、人間とともに暮

らし始めていたことが伺えます

ヒトと犬がネアンデルタール人を絶滅させた | 今週のHONZ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

②ハンティングの腕前に差が出た理由

それでは、同じ食物をめがけて競い合ったネアンデルタール人と現世

人類は、どちらがよりよいハンターだったのか。

そして、そのハンティングの腕前の決定的な差を生み出した要因は何

だったのか。

議論はオオカミを家畜化した末にヒトが手に入れた、イヌの重要性へ

と展開していく。

ヒトとイヌの深いつながりが例外的に大きなヒトの白目(強膜)にも

現れていることなど、興味深い事実が次々と例示されていく。

そして著者は、形態学や遺伝学からはオオカミとイヌを区別すること

はできず、「オオカミでなくイヌであることは、その行動と人間との

関係からしかわからない」と説いています。

 ここで私が、言いたいのは、ネアンデルタール人滅亡の論証でなく

「ヒトとイヌの深いつながり」の話です。

 3.「犬からみた人類史 」から抜粋

この本は、   大石高典/編  近藤祉秋/編  池田光穂/編

出版者    勉誠出版 2019.5

ネーミングが気にって、手に取ってみました。

複数の学者がパートを担当して書いたものの集大成です。

  犬の視点から人類史を捉え直し、進化生物学、文化人類学、民俗

学、狩猟など様々な分野から、多様で複雑な人と犬の関係を考察する

もので以下に2,3引用します。

ネアンデルタール人の絶滅が「イヌ」のためだったかも、という

説がでて話題になった。

この説(シップマン2015)によれば、ヨーロッパのクロマニヨン人
すでに35,000年ほど前にオオカミと異なるイヌのような動物を連れて
狩猟をしており、この技術上の優位性が、競争種としてのネアンデル
タール人を絶滅に追い込んだのだ、という。
興味深い大胆な仮説である。 P26
 
②縄文遺跡に残る動物の骨はほとんどが縄文人の狩に由来するので、
解体され、調理しやすいように叩き割られている。
ところが、縄文犬はしばしば全身の骨が解剖学的に正しい位置を保っ
て発見されるため、縄文人はイヌが死ぬと家族同様に埋葬したと考え
られるようになった。  P68
  
③イヌは一番古く家畜化された動物。
ウシやブタなどの食用を目的とする家畜とは違い、イヌやウマのよう
ヒトと共に作業するための家畜では、その選択過程において、性格
重点が置かれたに違いない。    P90
 4.最後に私の感想
しつこいですが、個人的体験は置いといて、
ヒトとイヌの関係には、ロマンを感じます。
やはり、人間にとって、最初の友だちだったのですね。
1.7万年前、ロシアの洞窟で シベリアンハスキーの骨を発見との話も
ありました。
最初の家畜ですが、3.②にあるように、食用の家畜でなく、ともに作業する家畜でありやはり、仲間ですよね。
不勉強で、記憶が定かではありませんが、牧畜が農耕より早いのでは?
馬は農耕より、牧畜の時、人間の乗り物物、あるいは戦争の際の乗り物でしょう。
ヒトが馬に乗り、犬を仲間に、羊、ヤギを追う牧畜をイメージしてみました。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 犬からみた人類史 / 大石高典 【本】
価格:4180円(税込、送料無料) (2020/3/29時点)

楽天で購入

 

コロナ危機 米国空母で感染 私見は、➀軍事勢力均衡に懸念 ②中国の情報隠蔽、情報操作に懸念

f:id:xmichi0:20200402164218j:plain

航空母艦のイメージ 似てなかったらごめんなさい
1.米国空母で感染発生
(1)0402のニュースですが、空母セオドア・ルーズベルトで70人が
新型コロナウイルスに感染。4000人も乗っているらしい、とのこと。
記事内容を要約すると
・【4月2日 AFP】米原子力空母「セオドア・ルーズベルト(USS Theodore Roosevelt)」の艦長が、新型コロナウイルスの流行で乗組員の命が危険にさらされていると警告したことを受けて、米海軍は、
グアムで乗組員数千人を下船させている。

・海軍によると、同艦の乗組員4800人強のうち、93人の感染が確認

 された。

国防総省は1日、乗組員の多くのためにグアムのホテルを早急に

 手配する一方、空母を引き続き運用するため、感染していない

 乗組員を選抜し、必要最小限の人員から成るチームを編成した。

・トーマス・モドリー(Thomas Modly)海軍長官代行によると、

 これまでに約1000人が下船し、2、3日以内に計2700人が下船する

 見通し。

 ・モドリー氏は、「乗組員全員を下船させることはできないし、そう

 するつもりもない」「この空母は兵器や弾薬、高価な艦載機、原子

 炉を搭載している」と述べた。

(2)どういう船かというと

アメリカ海軍の航空母艦ニミッツ級航空母艦の4番艦。

艦名は第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルト

ちなんで命名された。

乗員       士官・兵員:3,950名

航空要員:2,480名

兵装   

 ・RIM-7 シースパロー短SAM 2基

・RIM-116 RAM 2基

ファランクスCIWS 2基

搭載機    冷戦期:90機、現在:70機前後

建造契約は1980年9月30日に結ばれる。艦長に決定する。

同1986年10月25日に就役した。

1990年6月9日12月28日にルーズベルトと第8空母航空団

(CVW-8)は砂漠の盾作戦のために母港のノーフォーク

出港。 

2017年11月12日、ルーズベルト日本海において空母ロナルド・レーガンニミッツ海上自衛隊護衛艦「い

せ」、「いなづま」、「まきなみ」他、艦艇数隻と日米共

同訓練を実施した。

セオドア・ルーズベルト (空母) - Wikipedia

船というより、移動基地ですよね。

このブログの趣旨は、船の解説ではなく、これからどうなると思う?

ということ。 

 2.中国との軍事バランスが心配

(1)何で、感染したの?という原因は、私にわかるはずもないで
すが、いわいる「三密」空間であり、発症したら、広がりも「さもありなん」と思います。
次に、素人の私でも、心配するのは、原子力空母特有の問題
つまり、軍事機密はどうなるのか、原子力をどう制御していくのか?
一つの船というより、大きな軍事基地ですから、私の想像もつかない
オペレーション上の大変さがありそうです。
(2)さて、話をしたい本題は、中国、朝鮮半島、日本を含む、太平
洋の軍事バランスに、そんな影響を与えるのか?
相手のミスに付け入るのは兵法の常道
政治でも、経済活動でも、軍事行動でも同じこと
中国にとって、ルーズベルトや、ロナルドレーガンと言った、航空
母艦の存在が「にらみを利かす」ことになっているのが、一時的にせ
バランスが、崩れるでしょう。
どうなるかは、過分にして、私には皆目解りませんが、
新型コロナが、経済活動を超え、ついに軍事バランス動かすまで
やってきたか、との感想です
美辞麗句を並べても仕方ありません。
机上の空論、世界平和の理想論に附きあうつもりはありません。
世界は、微妙な軍事バランスの上で安全保障を維持しているのは、
事実でしょうし、少なくとも私はそう思っています。
2.私見中国責任論と、要日本の一層の情報開
示論
空く悪とも、現在に日本で、政治軍事に関して、ある程度の表現の
自由が許されていると思います。以下、少し私見を展開します。
(1)「中国礼讃」の意見は、確かにあります。
中国礼讃の具体的表現は、粉期の新型コロナウイルスの対応で、中国
が強力な独裁国家ゆえ、ハイテク技術も駆使し、プライバシーを侵
害、制御しても迅速かつ強力(問答無用ということ)に対応して、
封じ込めた。
例えば、米国も、トランプ流の、「小さな政府論」では、手ぬるい
し、遅くて米国も、国民皆保険ベーシックインカム医療拡充と
いった「大きな政府論」を強力に、迅速に展開すべき、という見解。
(2)守るべきものと情報操作
次は、私の反論と各種意見
➀中国政府が守りたいものは、国民の命は2番目で、第一義的には「中国共産党です。
中国共産党執行部に反対する勢力は、徹底的に封じ込めるのが信条。
情報操作、と言われようが、中国の執行部は意に介さないようです。
②ここへきて、欧州や米国の感染者の急拡大を見て、
「どうも中国の統計数字、公表数字はおかしいのではないか。」
「情報の操作と隠ぺいが、継続して行われているのではないか。」
といった悲観も多いし、実際の感染者数は10倍から15倍といった記事
も見受けます。
直接情報にアクセスできない私も、いろんな情報の類推からなんと
なく、10倍から15倍かと、そう思います。
つまり数字の根拠が名い「私的感覚」ですが・・・・。
新型コロナウイルスの「震源地」武漢のどこかは、解りませんが
中国国内の何処かだと思うし、今やニューヨークが震源地というメデ
ィア記事には情報操作の匂いを感じるのです。
補足です。
半独裁の韓国文政権も、「封じ込め成功の評価」もあるらしいですが
どうも、腑に落ちません。
一方、台湾がIT担当大臣中心の徹底した情報公開で、「中国とは真逆
方法で封じ込め」には、私は評価します。
まだ一歩日本の当局の情報公開不足、台湾に後れを取っていると
思います。
政府も、医療はじめ各種圧力団体も、情報を隠さないで、民間の、
知恵、ノウハウを活用すべき。
少なくとも日本は「お上は利口、民はバカ」、ではありません。
3.本日のまとめ
結論として、新型コロナウイルス問題の鎮静化には、まだまた時間が
かかりそう。
次々に問題がでてくる段階だと思います。
経済への影響は、各方面議論されていますが、「軍事バランスの崩
れ」議論は、これから出てきそうかと思います。
私に何ができるわけではありませんが、じっくり経過観察し、自分の
頭で考えていきたいところです。
 
紹介は「海洋国家日本の構想」、高坂さんの著書です。
昨今の出版ではありません。
古典と言ってもいいかもしれません。
 
 

数学の難問「ABC予想」証明 望月京大教授の論文、学術誌に掲載 「歴史に残る成果」だそうです。

f:id:xmichi0:20200205131007j:plain

2月にIUT理論の紹介の際、使ったイラストと同じです。

1.望月京大教授論文

私が勝手に自分で決めている定時外に、ブログをアップします。

気になったニュースがあったためです。

新型コロナ関連一色の昨今、明るいニュースあり。

望月さん、おめでとうございます、ということ。

検索すると紹介ネット記事は相当あります。

未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年 - 毎日新聞

数学の難問「ABC予想」証明 望月京大教授の論文、学術誌に掲載(1/2ページ) - 産経ニュース

というわけで、少し報告です。

とはいえ、私は相変わらず、話の本質を理解しているわけではあ

りません。 悪しからず。

世界の数学者が30年余り挑戦して解くことができなかった

難問、「ABC予想」について、京都大学は数理解析研究

所に所属する教授が証明したと発表しました。

専門家は「数学の歴史に残る成果だ」としています。

 「ABC予想」はヨーロッパの数学者が提唱した整数の性

質についての難問で、数学における多くの未解決な難題を

解く手がかりになるとして、30年余りにわたって多くの数

学者が証明を試みてきましたが、これまで成功した人はい

ませんでした。

 京都大学数理解析研究所望月新一教授(51)はABC予

想を証明したとする4本の論文を書き、複数の研究者が審

査する数学専門の科学雑誌に掲載されることになったこと

から、3日、京都大学が会見を開き、望月教授がABC予

想を証明したと発表しました。  

 2.IUT理論の紹介

なぜ気になったかといえば、少し前、このブログを書く上で少し勉強したからです。

2月18日の下記ブログで、望月教授のIUT理論を紹介しています、

宇宙と宇宙をつなぐ数学(読書感想文もどき)悲しかなIUT理論は私は消化不良でした - 中高年michiのサバイバル日記

その中で、紹介本からの引用で

数学は役に立つか?に対する著者加藤さんの見解)

これほど価値観が多様化し、数学の「使われ方」も多様化

してしまった現代にあっては、もはやどんな数学でも、そ

れが「役に立つ」のは当たり前としか言いようがないし、

それを疑うのは、もはや無意味になってきている      P84

  

(理論構築に必要な)「自然な方向性」を手に入れる

手段 2つ

➀啓示、ひらめき

②「アナロジー(類似)」  P130

 

ABC予想の証明には失敗しても、IUT理論を残すことが重要  P151

上記に対する、私の感想として

私が悪戦苦闘、普段の読書より相当時間がかかったたの

は、もちろんその内容です。 

前提の素養がない、話の全体が半分も事前に理解していな

い、ことには、苦労するものです。

 フェルマーの最終定理なのか、ポアンカレ予想なのか、忘

れてしまいましたが、ある人が証明したと主張し、その

「証明」が正しいか否かを判断できる学者が世界中に30

~.40人ほどしかなく、しかも検証に数ケ月かかる、という

話を読んだのを、思い出しました。

 と、書いています。

3.数学者たちの日常の話

2月21日に、「宇宙と宇宙をつなぐ数学」よりは、やや軽めの本を

紹介しており

世にも美しき数学者たちの日常(読書感想文もどき) 私でも美しそうなのは、なんとなく解る - 中高年michiのサバイバル日記

一部引用すると

「京大の望月真一先生がABC予想というものを解いたと騒

ぎになったんですが、これもずっと審査が続いています

ね」

どれくらいの期間になるんですか

「もう5年になりますね」   P15 

 また、望月教授の件ではないですが、別の引用で

「直観とかひらめきだとか。そういうもんがないと数学は

できないんですね。もちろんそういうものを兼ね備えたコ

ンピュータが、今後出てこないとは限らないけれど。

すくなくとも数学は、同じやり方をずっと続けるだけで進

むものじゃない。

だからある意味では、どこまでやってもまだできるかもし

れない、そういうより、可能性があるわけですね。」 P216

 

自分の能力の範囲で、できることをやり続ける。

数学に限らず、人が生きるということはそういうことなの

かもしれない。   P227

 

IUT理論を解説した東工大加藤教授の言葉を引用して締めます。

この4本の論文は望月教授が1人で築いた新しい理論を使

ってABC予想を証明したとしていて、8年前に自身のホ

ームページで公表するとともに、科学雑誌の審査が行われ

ていました。

この間、海外の一部の研究者から論文の正しさについて指

摘などがあり、望月教授は論文の修正を重ね、今回の掲載

につなげたということです。

 この分野を専門とする東京工業大学の加藤文元教授は

「非常に独創的な新しい論文で何百年に一回の数学の歴史

に残る成果だ」と評価しています。

 最後に、この時、つまり本年2月18日と21日ですが、紹介した

2冊を再度掲載します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃[本/雑誌] / 加藤文元/著
価格:1760円(税込、送料別) (2020/4/4時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世にも美しき数学者たちの日常 [ 二宮敦人 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/4時点)

楽天で購入

 

人間の建設 小林秀雄と岡潔の対談です 最高の知性のぶつかり合い、というやつですね

f:id:xmichi0:20200319173831j:plain

最高の知性、天才のイメージ

今日紹介するのは

人間の建設

小林秀雄岡潔 /著

発行所 株式会社新潮社

平成22年3月発行   です。

これも、読み返しですが、私の力では、跳ね返されてばかりです。

1.裏表紙から

本の裏表紙には、すごいことが書いてあります。

 有体に言えば雑談である。

しかし並みの雑談ではない。

文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による

雑談である。

学問、芸術、酒、現代数学アインシュタイン、俳句、素

読、本居宣長ドストエフスキー、(中略)主題は激しく転

回する。

そして、そのすべての言葉は、示唆と普遍性に富む。

日本史上最も知的な雑談と言えるだろう

 2.ピックアップ

 (数学の研究を言葉で書けないかとの小林の質問に対し、岡は)

出来うる限り言葉で言っているのですが、一つの言葉を理解する

ためには、前の言葉を理解しなければならない。

そのためには、またその前の言葉を理解しなければならないと

いうふうに、どうしても遡らないと説明できないから、いま聞いて

すぐわかるような言葉では、言えないのですね。   (中略)

言葉がばらばらにあるのではなく、それぞれ一つの体系になって

おります。

体系を理解しなければ仕方がない。

その体系を教えていくのに時間がかかる。

(数学も個性を失う P29)

 

(岡)文章を書くことなしにな、思索を進めることはできません。

書くから自分にもわかる。

自分さえわかればよいということで書きますが、やはり文章を書い

ているわけです。

言葉で言い表すことなしには、人は長く思索できないのではないか

と思います。  (科学的知性の限界 P35)

 

(岡) 人というものは全くわからぬ存在だと思いますが、ともかく

知性や意思は、感情を説得する力がない。

ところが、人間というものは感情が納得しなければ 、ほんとうには

納得しないという存在らしいのです。  (科学的知性の限界 P40)

 

(小林) 芭蕉という人を、もし知っていたら、どんなに面白いか

と思うのだ。

あの弟子たちはさぞよくわかったんでしょうな。

今は芭蕉の俳句だけ残っているので、これが名句だとかなん

だとかみんな言っていますがね。

しかし名句というものは、そこのところに、芭蕉に附きあっ

ただけにわかっている何か微妙なものがあるのじゃないかと

私は思うのです。   (美的感動について  P77)

 

(小林) 確信しないあいだは複雑で書けない。

まさにその通りですね。

確信したことを書くくらい単純なことはない。

しかし世間は、おそらくその逆を考えるのが普通なのですよ。

確信したことを言うのは、なにか気い立たねばならない。

(中略)

分子は、みな勝手に自分の思うことを書きますよ。

その点では達人です。

これは一種の習性のうえでの達人なのですな。 (中略)

もしみんなが、俺はこのように生きることを確信する

ということだけを書いれくれればけば、今の文壇は楽しくなる

のではないかと思います。

(岡) 人がなんと思おうと、自分は追うとしか思えないという

ものが直観ですがそれがないのですね。

(数学と詩の相関  P111-112)

 

(小林) それ(素読教育)を昔は、暗記強制教育だったと、簡単に

考えるのは、悪い合理主義ですね。

論語」を簡単に暗記してしまう。

暗記するだけで意味がわからなければ、無意味なことだというが、

それでは「論語」の意味とは何でしょう。

それは人により年齢により、さまざまな意味にとれるものでしょう。

一生かかったってわからない意味され含んでいるかもしれない。

それなら意味を教えることは、実にあいまいな教育だとわかるで

しょう。

丸暗記させるだけが、教育です。

そんなことを言うと逆説を弄すると取るかもしれないが、私はここに

今の教育法が一番忘れている真実があると思っているのです。

素読教育の必要  P144)

 

(岡)理性というものは、対立的、機械的に働かすことしかできません

し、知っているものか順々に知らぬものに及ぶという働き方しかでき

ません。

本当の心が理性を道具として使えば、正しい使い方だと思います。

素読教育の必要  P147)

  3.私の感想

  誰しも、自分に無いものへの憧れがありますよね。

も少し、自分が頑張れば手が届くとか、自分の想定できる能力の範囲

であれば、「嫉妬」とかの感情も芽生えるのでしょうが、これをはる

かに超越すると「嫉妬」や他の感情は生じなくて、単に「憧れ」とな

ります。

 勢い、ちゃんと内容を「理解できたか」というと、これはまた別問題

となります。