中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦の中高年がざっくばらんに書きつける日記

社会

それぞれの立場 ちゃんと対応したのに思わぬリアクション 中国王毅さんの事例

1.それぞれの立場 今日は、最近感じた、あたりまえのことを、書きます。 仕事を継続していくうえで誰しもそれぞれの立場があります。 自分の本心でないかもしれないが、「組織として」、「上からの指示 で」発言したり、行動することがあり、結果、思わぬ…

行政改革断行の再スタートは、やはり船頭減らし(国会議員定数削減)からでは?

1.新内閣の目玉の一つは行政改革? 菅内閣がスタートして、新内閣の目玉の一つは行政改革と聞いてい ます。 菅総理の記者会見から粋すると ・新型コロナウイルス対策と社会経済活動の両立を目指すとともに ・感染拡大により立ち遅れが明らかになった規制改…

国勢調査から派生して思うこと デジタルも結局人間に親和的でないと・・・

1. 国勢調査のPCでの回答 先日、郵便受けに「国勢調査のお願い」が入っていました。 袋の裏表紙に「お願い」とあり、すぐ下に <国勢調査には回答の義務があります>と記載あり。 「お願い」と、「義務」との関係は? 小中学校の問題となりそうな、ツッコみ…

もうすぐノーベル賞の季節 今回天才・南部陽一郎について

1.ノーベル賞 と言えば、今日でも、最高権威の賞です。 日本人になじみが深いですよね。 「もうすぐ」というより、9月半ばでは「まだ先」かも知れません。 「ノーベル賞」といっても、平和賞」は政治がらみで、なんか胡散 臭いし、文学賞はしょせん、個々…

米中対立の現実動向 歴史は後にならないと、解らない

1.思考実験は、好きなほうです 思考実験とは、頭の中で想像するだけの実験。 科学の基礎原理に反しない限りで、極度に単純・理想化された前提 (例えば摩擦のない運動、収差のないレンズなど)により遂行され るとあります。 私の場合は、単なる妄想かもし…

新柄コロナ パンデミックの過大評価可能性との見解 私にはしっくりきます。

1.新型コロナ、今日は海外報道から 昨日に続き、本日もまた新型コロナについて書きます。 本日は、海外メディア記事の紹介です。 誰しも「自分の見たいもの、見えるものしか見ない、聴きたい情報 も同じ」とは、私がこのブログで再三指摘していることであ…

新型コロナ 日本では、感染広まり済で集団免疫が成立しているのでは?

1.昨今の新型コロナ、マスメディア報道 相変わらず、マスメディアでは、新型コロナで、恐怖心を煽る話題を 継続させようと頑張っているように、私には思えます。 自民党総裁選や台風情報等々、平均的日本人の関心事が、出てきてい ますが新型コロナ報道も…

「厄介者」が一転「救世主」になる話は好きです。

1.世の中「そううまくはいかない」のが普通 (1)あちらを立てると、こちらが立たず。 世の中のおおくは、うまくいかないのが当たり前で、たまたまうまく いくと、うれしくなります。 「やった、解決した」と思っても、仔細に氏らべると、何事も「隠れた …

リモート会議から、思うこと 「情報革命」進行中だが「行く末」は現在生きている我々は不明か 

1.リモートからもはや後戻りできない? 9月にはいり、涼しく感じるときもありますが、まだまだ残暑厳 しい関東では、あります。 私にしては、大掛かりなリモート会議に参加しました。 50人弱参加の会議で、事務局が用意したツールは Microsoft Teams でした…

本場インドに挑む日本のカレーの記事から 挑戦は素敵だ、昔も今も

1.挑戦は素敵だ、昔も今も 何か青臭い小見出しになりましたが、「インドでカレーを売る」長繊維 昔若いころ、「北極で冷蔵庫を売る」から「エレクトロニクス本場米国で 家電を売る」といった話を聞いたのを、思い出しました。 なんちゃって創作マンガでなく…

新型コロナ、インフルエンザ同様、多くの医者が参加できる形を望みます

1.そろそろ多くの医者の参加で 新型コロナへの対応は、素人の私か見て、どう考えても変なこと があります。 全国津々浦々、病院・医院があり、医者と看護師がいてベッドもあり、 なぜその力を使わせないで、ホテルや自宅療養を、指示するのか? 秋から冬に…

米国大統領選挙に思うこと その1 対立軸が鮮明だと盛り上がる

1.米国大統領選の本格化の時期 ご存じのように、11月3日には、米国大統領選挙ですが、民主党、 共和党の党大会が始まり、選挙活動もいよいよ本格化、といった ところでしょうが。 今後、折に触れ、節目節目ごとに、米国大統領選挙に関して私が 思うことを…

新型コロナ「指定感染症」扱い妥当か否か官房長官が検討、とのニュース

1.コロナ「指定感染症」扱い妥当か 専門家 意見聴き検討 官房長官 2020年8月25日 15時14分NHKニュース コロナ「指定感染症」扱い妥当か 専門家意見聴き検討 官房長官 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 新型コロナウイルスによる感染症について、菅官房…

大手証券の店舗経営効率化の話 厳しいが、生き残りのためには当然の方向か

1.当然ながら暗い話。 本日の話は、極めて、明確な話。結論は、 「大手証券各社が、各店舗の採算確保のため、店舗運営の効率化を競う段階 に入った」問うもの。 ハイテクやバイオテクノロジー、昨今の感染症医療の話ではなく、分かり やすい話ですが、現実…

足元経済の再認識と各立場での今後の見通し 私見は、日本と世界に分けて・・・

1.お盆も過ぎて この4から6月の第一四半期の決算は、最悪だろうとは、関係者(業務 で使う方、経済に関心がある方等、広く考えます)は誰しも含めも想 定するところですが公開会社の第一四半期(むろん、すべての会社が 3月決算ではないですが)数字が確定…

お盆雑感 私には8月13日から15日 昔は仏壇と花火大会、今は台湾、香港情勢。

1.私の場合「お盆」は、8月15日 (1)梅雨が明け、夏が厚いのは、毎年のこと。 話の舞台は日本の九州と関東、私の体験に基づく、思い出話と、 現時点の雑感です。 拠って、南半球はじめ、海外事例は、扱いませんし、地球温暖化は 本当か、人間の影響度は…

新型コロナ、そろそろ感染症分類を見直してもいいのでは?

1.「おかみ」に逆らうつもり? 日本は、法治国家であるとは、認めます。 相対的な話でしょうが、私のつたない知識と経験ですが、日本は相当 うまくやっていると思います。 とはいえ「お役所仕事」にありがちな、前例主義、一度決めたら機動的 に動かない事…

三日、三月、三年の話 事例紹介と「三年は長すぎないか」との私見

Ⅰ.三日、三月、三年の本来の意味 (1)よく使う言葉です。 年長者が、社会人の新人や、相対的に若い人に向かって言うケース が多いですよね。 元は芸事や修行の心構えから来ている言葉で、 「三日我慢すれば三ヶ月は耐えられる。 三ヶ月耐えられれば三年は…

爆発事件契機にベイルートについて少し考えた。 皆必死に生きているのは世界共通であろう。

1.今回、大規模な爆発 2020年8月4日大規模な爆発があった中東・レバノンのベイルート。 個人的に気になること多々ですが、私に第一次情報はなく、報道の真 偽を判断する能力も乏しいです。 とはいえ、現状収集した情報を真とし、私の考えを整理したいと思…

PCR検査増やすべしとの見解 多様な見解を認めよう 私見は手軽に使える「第2パスポート」になるといい

1.変わらずトップニュース (1)私は、テレビはほとんど見ませんし、紙の新聞を読む時間は、 ずいぶん少なくなりましたが、いわいるニュースは、情報として とっています。 とはいえ外国語があまりできないので、ほとんど、日本発の日本語 のニュース。 …

熱誠憂国(読書感想文もどき) 他人の評論でなく李登輝元総統の直言です

熱誠憂国 日本人へ伝えたいこと 李登輝/著 出版者 毎日新聞出版 2016.6 1.概要 李登輝さんへの追悼は、私の中ではまだまだ続いています。 解説本ではなく、最近(2016年、彼が93歳の時)の時の著作から 生の声を引用したと思います。 書籍の内容は、 「日…

身勝手なようで真面目、権威や圧力に弱い日本人 学術的分析はなく、ふと思うこと

1.やはり新型コロナに端を発して 規範意識が強く、「自粛」という言葉が、本来の言語の意味を越えて 強い強い心理的な強制力を持つ、日本社会については、 「自粛にした側内のは、村八分が当然だ」「常識だ」として感じている 人が多く、これに対して、と…

銅の商品市況の「誤謬」との記者解説から、私が思うこと

銅先物のトレーダーのイメージです 1.銅の商品市況について 世の中を映す鏡、として、相場動向には、全般に興味があります。 相場は、赤裸々な人間の欲望、感情のぶつかり合いを映していると 私は思っており、世界の株式市場、債券(金利)市場は、とりわ…

暴露者、検査陽性者、感染者、患者は内容が違うのでは? そろそろ整理した方が・・・・

1.新型コロナ情報に改めて思う言葉の定義 (1)どの世界も、自分の立場が不利にならないよう、有利になる ように、立ち回るのは当たり前。 政治家は、国民第一に仕事としていますのポーズ・アピール、 役所は、指示を受けちゃんとしていますの実質的責任…

新型コロナ感染症で素朴に思う  日本人はすでに「ファクターX」にあたる「免疫」取得では?

日本人には、すでに免疫があるのでは? 1.益々腑に落ちない日々の報道 (1)新型コロナ感染症に関して、私も時系列で結構書いています が、最近になって、腑に落ちないことが、日増しに大きくなってい ます。 こんなことをいうと、 「馬鹿なことを言うな…

テレワーク導入後やめた企業が26% 「感染拡大」で再度揺り戻し?

テレワークも紆余曲折はあります 1.直近テレワークが減り、出勤者が戻る テレワークについては、何度か書いています。 直近では、7月5日の日経記事を基に12日アップのもので 昨今の日本のテレワーク事情、新聞記事から考える 当たり前の整理でした - 中高年m…

米中経済戦争 米国政府による中国大手銀行への金融制裁の話

米中対立のイメージ図です 1.米中経済戦争 金融制裁の話 二大強国米中の対立は、ずっと続いています。 (私の偏見かもしれませんが)中国政府による「香港国家安全維持法」 にみられる制約等と比較して、「金融制裁」については、解りにくいというか なじ…

日本の食糧安全保障は大丈夫なんだろうか? 妄想みたいな大それた話

干ばつで食糧が取れなくなった土地のイメージ 1.先ずは日本の現状から 思いつきとはいえ、「食糧安全保障」なんて、たいそうなタイトルですが、 直近何かのビッグニュースも孫引きでなく、常日ごろ思っていることを、 つづってみます。 (1)世界の食糧問…

食傷気味な新型コロナ話題 海外現状と旅行キャンペーンの2点に絞って

世界的感染広がりは、いまだ沈静化しません。 1.食傷気味ですが また、新型コロナ記事か、と言われるとのとおり。 ご推察の通り、その通りです。 一般マスメディアは、南部、北部九州、山陰、中部と続く豪雨被害の話 か、もしくはこの新型コロナ報道が連日…

昨今の日本のテレワーク事情、新聞記事から考える 当たり前の整理でした

5月21日に続き同じイラスト、在宅勤務イメージ 1.昨今のテレワーク については、「継続定着」もあれば、「大部分をもとに戻す」まで様々。 私は割と以前からテレワークについて書いていますが、直近の小文は コロナ以降の変化 今日は「大予想」でなく足元の…