中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦の中高年がざっくばらんに書きつける日記

スケール (読書感想文もどき)生命、都市、経済をめぐる普遍的法則を少し理解

スケール 下 生命、都市、経済をめぐる普遍的法則 ジョフリー・ウェスト/著 山形浩生/訳 森本正史/訳 出版者 早川書房 2020.10 1.概要 イノベーションはどこから生まれるのか? 生命に関わる問題から都市 という奇妙な有機体の謎、企業や経済活動まで、理…

先日、葬儀に絡む帰省で考えたこと 衛生管理と移動制限と

1.葬儀出席のため帰省 直近、プライベートで関東と九州を航空機で行き来しました。 葬儀なのですが、その件ついては、私事のため書きません。 移動最中の考えたことを、つづってみます。 一番感じたのは、やはり新型コロナ感染症への対応。 空港、機内、タ…

頭脳・運とともに、体力も結果を残す必要条件の一つ ただし「老がい」は不可

今日は、短い話です。 1.きっかけはトランプさん トランプ前大統領が、本年2月28日、南部フロリダ州で、保守系団体 が開いた集会CPACに出席し、演説しました。 話の趣旨の大所の一つは ①新政党の立ち上げは、あり得ない つまり、共和党に残って戦い、社会…

「戦争と平和」の世界史(読書感想文もどき) 茂木さん見解 現代史は白眉との私見

「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム 茂木誠/著 出版者 TAC株式会社出版事業部 2019.7 1.概要 (1)古人類学による戦争の起源から、21世紀の東アジアの未来まで を凝縮。 世界の戦争の歴史を振り返り、人類がいかにして戦争を抑止するシ…

先日確定申告に行ってきました。 帰路少し考えたこと。

1.確定申告は、歳時記? (1)先日、確定申告に行ってきました。 税務署でなく、商業施設の一角が「会場」になっていました。 税務「相談」と申告書「提出」の窓口に分かれていて、「相談」 の窓口は、混雑しているようです。昨今の情勢で「相談」には、 …

今週のお題「雛祭り」 今回も昔話に終始

1.今週のお題「雛祭り」 (1)私には女性の姉妹はいますが、子供に女性はいません。 昔の話になりますが、息子が幼稚園時代、歳時記的に5月節句や夏の 盆踊り、節分の記憶にありますが、「雛祭り」の記憶はありません。 よって、「雛祭り」は、もっと昔、…

第三者でなく当事者である実務家の話には、実感がこもっている、と感じたこと。

先日、ある上場会社の株主総会に行ってきました。 11月決算締めの不動産会社です。現在の社長がオーナーであり一代で築き あげてきた会社です。 会社は成長していますが、環境に翻弄されながらも、まず生き残ってきた こと自体が素晴らしいことだと思います…

読んでもらうには、関心を引くこと 原則は良く解るがその手段は?

1.当たり前の一般論 動画でも文字でも絵画でも音楽でも、視聴してもらうには、自分の 作品に関心をもってもらうことが始まりでしょう。 (1)関心を持ってもらうには、いろんな手法があるでしょうが、 一つは「恐怖心を煽ること」。 まずは、感情に訴え、…

武器になる哲学(読書感想文もどき) 哲学は、状況を正確に洞察に役立ちます

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 山口周/著 出版者 KADOKAWA 2018.5 「無知の知」「ロゴス・エトス・パトス」「悪の陳腐さ」「反脆弱 性」哲学・思想のキーコンセプト50を、ビジネスパーソン向けの新し い視点で解説して…

「言葉」によって「考える」という当たり前のこと。複数言語ができる人は、やはり不思議。

1.自分が解っていることを話す 最近、哲学概論を、youtubeで聞くことが、よくあります。 語りての本職は、英語講師のようですが、話しぶりも、内容 もお気に入りです。 テーマを決めて、15分から、30分くらいで、背景や歴史を含 む概要説明や思想の通説の…

感染症と感染力(読書感想文もどき) 対応策は自然免疫力を高めることに尽きる

感染症と免疫力 腸内細菌博士が教える新型コロナ予防法 藤田紘一郎/著 出版者 ワニ・プラス 2021.2 ワニブックス(発売) 1.概要 (1)まず、概要を書くと 本書は、2020年11月執筆で、情報は「ホット」です。 猛威を振るう新型コロナウィルスだが日本は…

今週のお題「告白します」 今回も昔話に終始と思ったのですが、中止

今週のお題「告白します」とあります。 1.「告白」を、秘密を漏らす、と取ると 昔、竹内宏さんで、読みましたが 「秘密を作ることは楽しいが、秘密を漏らすのはもっと楽しい」 というのは、人間の性(さが)のような気がします。 「ここだけの話」は、みな…

マスコミへの信頼度から考えたこと やはり、自分でよく考えること

先日、あるyoutube channnelを聞いていて、とても面白かったので 元ネタを、紹介し、少し私見を述べます。 「日本だけ異様に高い信頼度」マスコミを盲信する人ほど幸福度は低い 欧米のマスコミ信頼率は5割以下 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) …

長持ちさせるには、やはり情報の組み合わせ(独創的思考は凡人には無理)

1.関心を引くこと (1)人目を惹く、関心を引くとなると、過激なこと、極端なこと、 目立つことを言うに限るでしょう。 現在のSNS情報の限らず、テレビ、新聞、ラジオ等のオールドメディ アも、もちろんこの分類です。 もう1年以上となる「新型コロナ報道…

PCRサイクル(CT値)厚生省通達で35と世界並みに変更 基準改定の実効性は?

1.PCR検査基準についての過去報道と私見 新型コロナウイルス対応については、何度も私見を書いています。 昨年11月19日の「PCR検査陽性基準」のブログもその一つ PCR検査の陽性基準を、リポートしない不思議さ これをもっと国民に知らせるべきでは? - 中…

自分の価値(読書感想文もどき)また曾野綾子さんのメッセージを取り上げます

自分の価値 曽野綾子/著 出版者 扶桑社 2020.9 1.概要と私的所感 (1)まず、一般的紹介を書くと こうあらねばならない、という生活はしない。弱さは財産であり、 幸運である。ものごとはすべて変化する-。不安や不満を抱えて 模索する人に向けて、力強く…

解らないので、携帯ショップに行って話を聞きました。当然、未解決は多々あります。

1.何が解らないかが、解らない(一般論)とは 先だって、タイトル類似の件を、少し書きましたが、 日々の生活で解ら居ないことだらけです。 ここで言っているのは、いわいる政治判断とか、経営判断とか、 そもそも正解がなくて、後々人が当該判断の結果を…

断定できるのは、自分に自信があるから それが職業人(プロ)の要素かもしれない

1.周りの評価 ある程度の年齢になり「彼(彼女)は、こういう人だ」と周りから 認知されるのは、やはりいいこと、かと思います。 たとえその認知、評価がマイナスだらけであっても、かまわないし、 これがないと、寂しい、自分が何者なのか、解らずじまい…

『純粋理性批判』を噛み砕く(読書感想文もどき) 結局、自分の「好奇心」に行きつきました。

『純粋理性批判』を噛み砕く 中島義道/著 出版者 講談社 2010.8 1.概要 「わからなさ」の代名詞といわれる「カントの思索」に体当たり的に 正面から向き合い、解説しています。 本書では、「難しい外見をしていても、実はとても易しいカント」と して「純粋…

今週のお題「チョコレート」 私にはウイスキーのつまみ バレンタインの昔話は今日は無し

今週のお題「チョコレート」です。 またまた、話をずらして、いくつか書いてみます。 1.日本におけるイベント需要 大そうなことを書くつもりは、ありませんが、ココ40年くらいの 日本のイベンド需要について、独断と偏見で。 高度成長期から経済NO.1、 バ…

読書についてショーペンハウエル見解 同意するが実行は困難  私見は「諦めも肝心」

読書について、先人が昔から語っています。 今日は再度ショーペンハウエルの見解もとに、私の言いたいこと を書きます。 1.ショーペンハウエルの3つのコメント (1)取り上げるのは、彼「読書について」から、3点 ①読書とは、他人にものを考えてもらうこ…

時代とともに、道具も変わる デジタル化のいきつく先に紙情報?

1.時の流れと主役交代 (1)先日、PCを眺めていたら、クイズらしきものがあり クイズに「ワープロ」を知っていますか、とあった。 そうか、今の20代以下になってくると、存在を知らないのでは ないか?と、還暦迎えた私は、新ためて納得したのです。 つ…

政治思想マトリックス(読書感想文もどき) 歴史を知る茂木さんの納得の見解

世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」 ニュースの「疑問」が、ひと目でわかる座標軸 茂木誠/著 出版者 PHP研究所 2020.12 1.概要 (1)もはや世界は「右派」vs「左派」では読み解けない経済的自由 をx軸、政治的自由をy軸として、政治思想を二次…

フィルターバブル再論 1月20日の米国新体統領就任から20日「常識」を超える不人気

昨年5月にフィルターバブルについて、少し書いています。 フィルターバブル対策 縦(歴史)と横(世界)から広くバランスよく情報をとり、自分で考えること - 中高年michiのサバイバル日記 再度要約から始め、米国政治のコメントについて、少し書きます。 1.…

お題「#この1年の変化 」人は減り、旅は激変、本は少し増加、という具合

お題「#この1年の変化」です。 今回のお題も、画期的なことは書けそうにありません。 恥ずかしながら「熱き想いを抱いて、継続して」とは言い難い です。 そもそも、他の人と決定的に違った体験は、この一年間ないので 「変化」と言っても、「想定の範囲」に…

マネジメントの文明史(読書感想文もどき) 成功にはイノベーションを起こした組織を買うことか

マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで 武藤泰明/著 出版者 日経BP日本経済新聞出版本部 2020.10 日経BPマーケティング(発売) 1.概要といきなり感想 (1)一般的な説明は以下の通り 人を動かし目的を達成するマネジメントの仕組みはいつ 誕生…

誰でも、簡単に、すぐに儲かる訳はない。人は弱いのですぐ騙される 真に儲ける主体は?

1.心地よいお誘い文言 「勧誘」のツール、手法が変わっても、響く勧誘文言の本質は変わり ません たとえば「簡単、スキル不要、誰でもできる、直ぐで役立つ etc 」 いつの時代も、こういう言葉に誰しも弱い、それは、人間が本質的に 変わっていないのだか…

「薩摩の教え、男の順序」再論 今回、自分ごとと高齢米国政治家の話

1.「再論」の前提. 昨年2月末「薩摩の教え、男の順序」を紹介しています。 その際は、私の出身から始まり、自分の過去、現在、将来を書い てみました。今回は、もう少し世界に広げ、高齢米国政治家を 浩って、私見を加えてみたいと思います (1)鹿児島と…

2月3日水曜、葛西臨海公園はいい天気 一人散歩

1.葛西臨海公園を歩きました。 葛西臨海公園は、京葉線のディズニーリゾートがある「舞浜」駅の隣、 「葛西臨海公園」駅から、歩いてすぐ、というか、駅から広がってい ます。 公園から見た葛西臨海公園の駅前 2月3日水曜は、関東は晴れていました。 散歩…

読書感想文もどきに至らなかった「敗戦記その18」 今回もまた多数紹介

敗戦記「その18」も同じイラスト 昨年1月10日から 「読書感想文もどき」に至らなかった「敗戦記」 というのをアップしていますが、今回18回目です。 私の現在形として、本を読める環境というのは、変わっていません。 ありがたいことです。 イラストもあえて…