中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

経済で読み解く世界史(読書感想文もどき)歴史を動かすのはやはり経済の形を取る人間の欲望

たくさんの人間の欲望の集積が世界史だ、とのイメージ 経済で読み解く世界史 著者 宇山卓栄/著 出版者 育鵬社 2019.2 扶桑社(発売) 1.概要 古代から現代に至るまで、通史で世界史を追い、世界経済の動きを 体系的に理解できるよう解説しています。 とても…

今週のお題「オンライン」 私に見える狭い範囲の話。 昔話とテレワーク

テレワーク中のイメージ 今週のお題「オンライン」とのこと。 非常に、幅の広いテーマですね。 今回は、分析も、将来予測も、社会批評も、一切なし。 私から見える、足元の狭い狭い話に従事します。 1.便利であることは、この上ない 個人的には、オフライ…

緊急事態宣言 各自生活があるので取り方は様々 3蜜・不要不急は不変

日本もいよいよ緊急事態宣言? 1.緊急事態宣言 (1)社会問題を論評しようとすると、昨今は、どうしても新型コロ ナ問題関連から、離れられません。 パンデミック宣言、ロックダウン、オーバーシュート、都市封鎖、 緊急事態宣言等々、おそらく三か月前は…

犬は、やはりホモサピエンスの最初の友達、パートナーのようです。

狩りのパートナーとしての犬のイメージ 犬について、タイトルの件で少し書いてみます。 いろんな引用含め、勝手に想像しながら、ホモ・サピエンスと犬 のなれそめ、深まる付き合い、を書いてみます。 1.個人的には犬は苦手 個人的には、犬は苦手で昨年11月…

コロナ危機 米国空母で感染 私見は、➀軍事勢力均衡に懸念 ②中国の情報隠蔽、情報操作に懸念

航空母艦のイメージ 似てなかったらごめんなさい 1.米国空母で感染発生 (1)0402のニュースですが、空母セオドア・ルーズベルトで70人が 新型コロナウイルスに感染。4000人も乗っているらしい、とのこと。 記事内容を要約すると ・【4月2日 AFP】米原子力…

数学の難問「ABC予想」証明 望月京大教授の論文、学術誌に掲載 「歴史に残る成果」だそうです。

2月にIUT理論の紹介の際、使ったイラストと同じです。 1.望月京大教授論文 私が勝手に自分で決めている定時外に、ブログをアップします。 気になったニュースがあったためです。 新型コロナ関連一色の昨今、明るいニュースあり。 望月さん、おめでとうござ…

人間の建設 小林秀雄と岡潔の対談です 最高の知性のぶつかり合い、というやつですね

最高の知性、天才のイメージ 今日紹介するのは 人間の建設 小林秀雄・岡潔 /著 発行所 株式会社新潮社 平成22年3月発行 です。 これも、読み返しですが、私の力では、跳ね返されてばかりです。 1.裏表紙から 本の裏表紙には、すごいことが書いてあります。 …

コロナ危機 ①これは戦争だと為政者 ②行政が責任取れないので禁止でなく自粛と経営者の嘆き

終息ははまだ見えそうにありません 1.これは戦争だ、の話 (1)新型コロナ対応は、全面戦争、総力戦の覚悟数日前よりトランプ大統領はじめ米国議会や行政関係者から聞く セリフが、「これは戦争である。我々は必ず勝つ」 確かもう少し前、フランスのマクロ…

史記列伝の「大史公(司馬遷)曰く」の引用とコメント その1

「古典からインスピレーション」、のイメージ 1.司馬遷の「史記列伝」とは「史記」とは、著者の司馬遷、成立過程含め著名ではありますが 一度整理します。 『史記』(しき)は、中国前漢の武帝の時代に司馬遷によ って編纂された中国の歴史書である。 正史…

今週のお題「仕事の思い出」新人営業マンのころ、あるお客さんから学んだこと

悩みが尽きない営業マンのイメージ 今週のお題「仕事の思い出」 について、書きます。 まさに「昔話、思い出話」の範疇にあります。 1.証券会社の新人営業マン 要旨は「営業マンの頃、狙っていた客さんにようやく会えた」 思い出です。 (1)まず時代背景…

新型コロナ報道(3月末現在) 3蜜、不要不急、例えばパチンコ 最後はハラリ氏紹介

新型コロナの世界経済への影響イメージ 1.不要不急の判断は難しい (1)2020年も三月末ですが、あいかわらず、新型コロナ旋風が世界中で 吹き荒れていますね。 先日3月最終の日曜は、行政の「密閉、密集、密接の3つの密の回避」 要請に加えて、不要不急の…

韓非子から抜粋 その2 人間は変わらないから、生き残り古典と書籍がある。

「その1」と同じ画像 君主と宰相のイメージ 2020年3月14日に韓非子から抜粋「その1」をアップしています。 韓非子から抜粋 その1 人間は変わらないから、生き残り古典となる書籍がある - 中高年michiのサバイバル日記 今回は「その2」です。 1.抜粋か…

岡潔 天才数学者ですが、数学以外のことを書きます 春宵十話から

「ひらめいた」、「発見した」瞬間の脳のイメージ 1.岡 潔 とは? 岡 潔(おか きよし、1901年 - 1978年)は、日本の大数学者。 奈良女子大学名誉教授。理学博士(京都帝国大学、1940年)。 多変数函数論の分野で世界的な難問を解決し、その業績により 昭…

新型コロナのなか 地元の図書館が1年2ケ月ぶりにオープン いい天気 となりの公園では子供が遊ぶ

いろいろな図書館のイメージ 1.地元の図書館 読書は私の数少ない趣味の一つ。 図書館は重宝しています。 (1)さて、一年以上閉館していた地元の中央図書館がリニューアル オープンしました。 先日、天気も良かったので、出かけてきました。 図書館からの…

1万年続いたのは、結果論でもすごい 縄文時代のことです

縄文土器です。縄文時代後期は温暖で特に豊かな時代。 1.今日言いたいのは、縄文すごい 最近少し、縄文時代に関心があります。 ダイナミックに歴史が動いたとは、思えないし、忙しい自分にはちょ っと悠長すぎる、ヒマな中高年というか、高齢者の趣味の域…

新型コロナ関連 5月のGWには、消費マインド復活では? 数字無しの個人妄想と言われるとそれまでですが・・・・

5月のGWには、消費は復活? 1.前口上 今日もまた、新型コロナ関係のコメントとなります。 時事問題はあまり取り上げたくないのですが、この件は本当に日々の 生活に影響が大きいので。 ちゃんと考えよう、数字と事実と論理が大事と、私はいたるところで 書…

ルバイヤート これも愛読書 酒賛美の詩 人生の無常も感じますよ

イスラム教のモスクのイメージ 今日の話は、ルバイヤートです。 何をいまさら、という方も多いでしょうが、私にとっては、若い頃か ら、ずっと愛読してきた本であり、まだ若くてお読みでない方には、 紹介もいいかな? といったところ 1.ルバイヤートとは…

広告宣伝費のマーケット規模 電通資料から考える カギはやはりネット広告だが

広告業界をイメージしたかったのです 1.インターネット広告費のテレビ超え すこし古いニュースに、直近の新型コロナ所感を交えながら 書きます。 半年ほど前、2018年の日本の広告費資料から、考察しましたが 2020年3月11日のリリースされた2019年の資料か…

密閉、密集、密接避け私の考える場所は ホテルロビー、公園、図書館

いい考えがひらめいたイメージ 1.どこで考えています? (1)当たり前のことですが、仕事にしても遊びにしても、考える ことは必須ですね。 「考える」という過程が、一定の場所に、紐づけられているのは、 普通にあります。 調理もそうだし、工場生産で…

「トランプ相場終焉」や「株価大暴落」は興味を引く上手いネーミングだが・・

世界的な株価大幅下落のイメージ 1.米国株式市場の直近記事 2020年3月20日金曜の米国株式市場ですが、ダウ平均株価終値は、 トランプが大統領就任時の19,827ドルを下回った、状態。 「トランプ相場終焉」の言葉が躍っています。 さすがにネーミングがうま…

伊豆の下田で考えたこと 歴史に「たられば」は禁物だが

ペリー来航、黒船のイメージ 1.先日、伊豆の下田 に行ってきました。 プライベートです。 下田は、キンメダイの水揚げ量日本一だそうです。 街をあげてのキンメダイのPR、下記伊豆下田観光協会も力を入れて います。 食しませんでしたが「キンメダイコロッ…

今週のお題「わたしと英語」苦い思い出と、さえない文章で恥ずかしい限り

英語学習のイメージ 今週のお題「わたしと英語」です。 冒頭からなんですが、いつもに増して、さえない文章をお詫びし ます。 1.ある意味「英語ができない」平均的? 一般的とか平均的という言葉は、あまり説得性もなく、意味も不明確 になることが多く、…

何度も読み返すマキアヴェッリ語録から 塩野七生さん著作

いろいろ思案し、執筆中のマキアヴェッリのイメージ 1.プロローグ マキアヴェッリは、以前からよく読んでいます。 塩野七海さん編集のこの「語録」は、折に触れて、参照しています。 マキアヴェッリ語録 塩野七海 / 著 発行所 株式会社新潮社 特に、解説を…

八田與一(よいち)台湾でおそらく一番著名な日本人 末尾に私見を少し

台湾台南の烏山頭ダムのイメージ 1.海外の方で有名な日本人 「新型コロナウイルスが・・・」と枕詞みたいな昨今です。 それこそグローバルに、この話題の報道があります。 「ヒトの目を気にする」「ヒトの評価が気になる」というのは 誰しもでしょうが、(…

「敗者の歴史」の人間版、左遷で時間ができたので古典を残せた、という話

左遷や追放されたイメージ 1.今回言いたいことは、以下の通り ・今に残る古典名著は、ある程度時間がとれないと書けない ものが多いと感じる ・著者に不遇の時代があり、時間があるから書けたと思う。 ・いつも現役最前線、実務で超多忙なら、書けなかった…

新型コロナと世界経済 3月15日日経記事から考えた「重要課題」

株価は経済指標に留まらない大きな影響 1.世界経済への影響についての新聞記事 また、新型コロナについて書くの?と言われそうですが 日本経済新聞記事で、お気に入りがあったので要約紹介と私見を 書きます。 大方の人は、自分に理解できることや、気に入…

今週のお題「ホワイトデー」 話をずらして「贈与論」の紹介 

贈り物の、お返しの文化 今週のお題「ホワイトデー」です。 1.「ずらし」の手法 面従腹背なんて物騒なことは言いませんが、「ずらず」というのは、 どの世界でもよく使う手です。 牧歌的というか古色蒼然たる昔の大学試験の話。 「甲について述べよ」との…

韓非子から抜粋 その1 人間は変わらないから、生き残り古典となる書籍がある

君主と宰相のイメージ 1.韓非子とはなに? 言わずと知れた「韓非子」と冒頭書こうとしたのですが、僭越です ね。 これだけ情報があふれ、考え方が多様化した現代で、「この古典は共 通認識だ」と自分勝手に、思う方が変ですよね。 まずはwikipedia使って、…

WHOパンデミック宣言 過去比較で私見は楽観 怖いのは経済的死

WHOがパンデミック宣言 1.パンデミックとは 2020年3月11日 WHOがパンデミック宣言を出しました。 2009年の新型インフルエンザ中高依頼11年ぶりだそうです。 新型コロナの件は、私個人の生活にも影響を与える点が大きく、 本来のこのブログの趣旨に反して、…

新型コロナウイルスのニュース一色のなか、「銃・病原菌・鉄」の一部を読み直してみました

感染症はやはり「見えない敵」 1.何処もかしこも(国内だけでなく) 〇新型コロナウイルスのニュース一色、まだまだ続きそう。 「一色」の中には、国際的な経済・金融情報もあり、それこそ 膨大です。 時事ニュースとしての報道はいいとして、私が「煽り」…