中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦の中高年がざっくばらんに書きつける日記

午後7時まで飲酒OKはいいが、そのあとは? 目的と効果は、どの世界でも重要

1.6月20日月曜から 皆さん周知の、新型コロナ感染症対応の話です。 これを書いているのは、6月18日金曜の午前で、私がメディア等で ききかじった話からです。(以下、東京都限定とします。) 「詳細は未だ」のようですが、飲酒が午後7時までOKで、閉…

直ぐ「バレる」という意味で今の日本で情報統制ができにくそう これはいいこと

1.現在世界の言論統制は把握困難 今日は、ちょっと物騒で、おどろおどろしいようなタイトルです。 歴史を振り返っても、時の権力者はみな、自分にマイナス評価の 情報をいやがるものですし、反対勢力への言論弾圧や、自己の支 支配勢力範囲全体への情報統…

言霊(ことだま)があるから、イヤなことは想定しない? 現実対応ができる柔軟性が必要ですが・・・

20210608言霊と、危機感 1.「言霊(ことだま)」をご存じ? まず一般的な定義からしましょう。 声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与え ると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉 な言葉を発すると凶事が起こるとされた。 …

統計で考える働き方の未来(読書感想文もどき)可能な限り働くことが必須

統計で考える働き方の未来 高齢者が働き続ける国へ 坂本貴志/著 出版者 筑摩書房 2020.10 1.概要 賃金は増えていないのか。格差は広がっているのか。年金はもつのか 労働の実態、高齢化や格差など日本社会の現状、賃金や社会保障制度 の変遷等を統計デー…

人間はまず生存が維持されることを望み、次は退屈を嫌い、面白い・楽であることが好き。テレビからインターネットへ

1.人間は考える動物であり、知りたがる動物 今日はまた抽象的な話です。 情報収集の本質というと、大げさですが、「人間は、知らないことを 知りたがる動物」なのでしょう。 生物として、生存のためのエネルギー接種、子孫を残すための生殖活 動がまず大事…

今週のお題「575」ここで一句 今日は「できない言いわけ」ブログ

1.いつもの構成 私のこのブログは、大方1500~1800字程度で、分野は、 ①読んだ本の抜き書きや感想中心の者が一つ、で、カテゴリーは 「書評」です。 ②もう一つのカテゴリーは「社会」であり、新型コロナ問題から派生 して憲法、法律、諸制度への疑問点提起…

組織問題の抜本的解決はあり得ず、試行錯誤により部分手直しの繰り返しで、進んでいくしかない

1.珍しい組織間の調整成功事例 スマートフォーンであるニュース解説的なコメントを聞いていたら 日本の尖閣諸島防衛に関し、自衛隊、警察、海上保安庁の三者の足 並みがそろってよかった、10年来の努力のたまもの、という発言を していました。 発言者は…

「ワクチン接種ビシネス」と言うと不謹慎? 私は正論と思う 今後もビジネス継続と予想

1.人の心理は変わらない 冒頭から、身も蓋もない話ですが、人はカネで動きます。 「それは違う、毛穴よりもっと大事なものが・・」との意見は否定しま せん。 いろんな考えがあってしかるべき。 もう1年半以上となる日本での新型コロナ報道を見ていて、「…

みんなに嫌われるとまずい、少数でも友達を 国家も個人も同じ

1.中国の現政権は、やはり下手 (1)外交手腕の話です。 素朴に考えて、周りが敵ばかりで、友好関係国が少ないのは 矢張り「付き合いが下手」ということでしょう。 敵を少なく、友達を多くというのは原則ですし、「孫氏の兵法」 を生んだ国なのに、また戦…

【今週のお題】そうめん 暑い季節が、そろそろ来てます

0.今週のお題「そうめん」です。 麺類が好きかと自問自答すると、好きな方です。パン類との比較です。 御飯類が一番好きですから、御飯、麺、パンの順番です。 その麺類のなかでは、パスタ類も好きな方で、日本語となっている(日 本でしか通じないメニュ…

読書感想文もどきに至らなかった「敗戦記その25」 今回も堅い本3つと、柔らかい(子供向け)1冊

敗戦記「その25」も同じイラスト 昨年1月10日から 「読書感想文もどき」に至らなかった「敗戦記」 というのをアップしていますが、今回25回目です。 私の現在形として、本を読める環境というのは、変わっていません。 ありがたいことです。 イラストもあえて…

昨年に続き再度道州制の提言 今回の新型コロナ騒動で問題点露呈もあり

1.道州制の再度の議論 また、堅い話です。 先日安全保障でなく私権制限観点から憲法改正についてを書きましたが、 (のど元過ぎれば・・・・、です。) 今日は地方自治にあり方の、また硬そうな話題は、 昨年11が地に書いた道州制提言、広域行政の話です。 …

喉元過ぎれば熱さを忘れる国民性でしょうが、担当者(政治家)はちゃんと仕事を

1.ちゃんと議論し方向性を出して 今日の話は、単純明快です。 新型コロナ対策とその効果(実効性)について、もう1年半以上も さんざん話が出ていますが、それを責任もってちゃんと説明して くれる人がいません。 効果が解らない、対策ができないことは、…

台湾へのワクチン提供を素直に喜ぶ くしくも6月4日は32年前に天安門事件

1.台湾にワクチン届く、蔡英文さんコメント (1)台湾は私が一番関心のある「外国」であり、私のブログでも一番 多く取り上げています。 私は台湾在住経験はないですが、子供の頃から還暦過ぎの現在まで、 なにかと感心が高いことがあります。 現地は時間…

歴史を活かす力(読書感想文もどき) また出口治明さん 最後にちょっと違ったコメントあり。

歴史を活かす力 人生に役立つ80のQ&A 出口治明/著 出版者 文藝春秋 2020.12 1. 概要 日本史、世界史の垣根を越えて、「マネー」「失敗」「リーダー」など10 のテーマに分類し、一問一答形式で歴史のエッセンスを易しく紹介して、 います。出口さんの作品の…

人間は変わらない 手を変え品を変えのアプローチに、つど度感動しまた退屈を避けてきた。しかし限界の分野も?

1.人間は1万年以上変わっていない 歴史の本も少しは読むのですが、人間の頭で考えることは似たよう なもので、1万年以上も変わっていないと、つくづく感じます。 頭脳の量や構造、肉体条件も変わっていないのだから、当たり前 と言えば当たり前なのですが…

いつもの電車で考えること。 安全・正確が「当たり前」と思うのは甘くて、ありがたい限りです。

1.通勤で、私には身近な電者 (1)いつも利用する、電車で考えていることを少し書きます。 旅情緒を感じる記者でもなく、まさに「朝の仕事場」みた 否、東京駅発新幹線ではありません。 仕事場はいくつか変えましたが、東京都内「事務所」勤務が 音版あが…

デジタル化の明るい未来 諸手続きの迅速化・効率化邪魔違いない 一方情報管理者が絶対的権力を持つ危惧?

1. デジタル化も目的は同じ、問題解決 (1)最近、申請手続きのデジタル化が進むといいなと、思ったこと が私事でありました。 ある機構に対し、口座を照会しし、特定の有か証券が保持されている かを確認したいのですが、本人確認や申請照会のための書類を…

今週のお題「私のプレイリスト」政治系ユーチューバを少し列挙 また酔っ払いの戯言

1. プレイリストとは 今週のお題「私のプレイリスト」とありますが、難しいですね。 そもそもプレイリストとは、音楽や動画を再生する順番をリスト化 した(された)もの、とのことです。 このはてなブログの例示では、 「2021年イチオシのアーティストを盛…

「多くの日本人が反対」とは良く解らない表現 「多くの」とはどのくらい?どうやって調べたの?

1. 違和感のある表現 誰しもそうですが、長年生きてきて、いろんな表現に接していると、 気になる表現に気づくことになります。 わたしの場合、外国語ができないのでほとんど日本語になりますが、 マスメディア報道が中心の、違和感続出の表現を少し見てみ…

読書感想文もどきに至らなかった「敗戦記その24」 今回は堅めの3冊と、大昔読んだ推理小説の再読

敗戦記「その24」も同じイラスト 昨年1月10日から 「読書感想文もどき」に至らなかった「敗戦記」 というのをアップしていますが、今回24回目です。 私の現在形として、本を読める環境というのは、変わっていません。 ありがたいことです。 イラストもあえて…

数の力を改めて感じる 日本では高齢者パワー 世界では人口が減らない米国、インド、豪州

1.まずは日本の高齢者パワーの話 (1)報道姿勢の一般論から 人間は、恐怖、嫉妬にとりわけ強い関心があるように思われます。 それは、ヒトがは生き延びるための本性の一つかもしれません。 これを受け、報道姿勢が、恐怖心や嫉妬心を「煽る」のは、当然…

テレビがメディアの主役の座にいるのは、いつまでだろう。最近のデータから。

1.テレビ離れ、の追認 メディアは、「ヒトを惹きつけてナンボ」の世界でしょうから、「テレビ 離れが衝撃」と書かざる得ないのでしょうが、私には、「栄枯盛衰の解り 易い、典型的な流れ」に思えます。 私見の前に、まず記事の紹介から ( )内と、太字化…

仕事に効く教養としての「世界史」 久々に出口治明さん著作です

仕事に効く教養としての「世界史」 出口治明/著 出版者 祥伝社 2020.6 1.概要 歴史はなぜ中国で発達したのか。神はなぜ生まれ、どうして 宗教はできたのか。 交易の重要性、アメリカとフランスの特異性、アヘン戦争が 分岐点。ビジネスをしている人に役に…

今週のお題「雨の日の過ごし方」 結局、読書や飲酒話題では「雨の日」の特筆なし

今週のお題「雨の日の過ごし方」です。 1.梅雨入り 今年は「例年より早い梅雨入り」と、メディアで話題になって いるようです。 「例年」とは、どれくらいの期間で考えているのでしょう。 もちろん、それぞれのニーズに対応してでしょう。 まさか地球の歴…

ものは言いよう 感情論も必要でしょうが行き過ぎはどうも困る、客観的な分析は必要

1.ものは言いよう (1)最近、 内閣官房参与の高橋洋一さんのコメントで、みず からのツイッターに、各国の新型コロナウイルスの感染者数の グラフとともに 「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」 との投稿があったとのこと。 こ…

人間の感性は変わらない 一方的誘導に対抗するにはやはり常識に基づく知的武装

1.常識に基づく知的武装 大そうな小見出しにしましたが、今日書くのも至って当たり前のこと。 私はこのブログで古典もよく紹介していて、そこで何度も書いている のですが 「人間の感性は変わらない。昔も今も」ということ。 ドメスティケーション以降、少…

内なる辺境/都市への回路(読書感想文もどき)阿部公房です。ほんの一部は理解したつもり

内なる辺境/都市への回路 安部公房/著 出版者 中央公論新社 2019.4 1.概要 (1)まずは一般的解説から 現代の異端の本質を考察した連作エッセイ「内なる辺境」、 芸術観のすべてを語った「都市への回路」。 前衛作家の創造の核心を知りうる好著の合本。 …

目標(やるべきこと)を失っていると、本人には楽な面があるが、周りには何者なのか意味不明

1.目標、やりたいことが不明 先だって、はてなブログのお題に「やる気がない」というのがあ りました。 私は「やる気がない」原因の一つとして、目標不在をあげました。 大多数の人は、社会的動物として、ある一定年齢に至るまで、何 らかの社会的規制や縛…

現場感覚は大切 確り見ると地球は平らでなく丸いと、解ります

調子の犬吠埼からの太平洋 1.やはり地球は丸い たまに、外へ出て、視界が180度以上の海岸線を見た時に、 いつも感じることがあります。 「やはり地球はまるいぞ」ということ。 まっ平に続く地平線は、あまり見たことがありませんが、海岸線 はよく見ま…