中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦の中高年がざっくばらんに書きつける日記

生活

シャボン玉とタンポポの綿毛、昔々子供に遊んでもらった頃の話

1.「子供に遊んでもらった」再論 いつもは、哲学や、政治、広義の古典等堅い本や、政治、社会コメ ントのことばかり考えていますが、本日は、ふと昔ばなしです。 はてなの「お題」ではありませんので、悪しからず 何度かこのブログでも書きました、「自分の…

5月13日木曜昼は、いつもの日本橋に近い雰囲気 小雨の中をひとり散策

1.思い付きの昼間の散策 5月13日昼前、南関東は小雨でした。 地下鉄有楽町線の銀座一丁目でおり、久しぶりに銀座、 京橋、日本橋へのラインを歩きあした。 私は、自粛警察でも、東京都から委託の「見回り隊」でも ありません。 木曜昼も、自分の時間調節が…

千葉県の鋸山(のこぎりやま)に行ってきました。いい天気と若干の筋肉痛

今年の5月連休にも、晴天行楽日和は、ありました。 今日のブログでは、新型頃コロナ騒動や、「緊急事態」とやらの コメントは、書きません。 純粋に、家族での行楽に報告です。 1.千葉県の鋸山(のこぎりやま)ってナニ、どこ? 乾坤山日本寺の象徴はこの…

今週のお題「おうち時間2021」 変わらず読書と家庭料理

1.まずは読書の件 今週のお題「おうち時間2021」です。 出題者の趣旨としては、没頭している趣味や暮らしのアイデア、 自分磨きのために取り組んでいることなどを開示、となってる ようです。 確かに、いろんな意味で、多様化が許容されている社会で、上記…

今週のお題「お弁当」手製弁当と購入弁当のさまざまな昔話

今週のお題「お弁当」 弁当については、 どれもこれも昔話ですが、近い方から書いていきます。 1.「子供の弁当のついで」他(手製弁当) (1)こどもの幼稚園弁当創作過程で、ついでに私の分もの話 子供が、幼稚園に生き始めの頃、妻は弁当を作りはじめま…

解ったふりをすることも大事 相手に伝わるのはごく一部 そのうち解る場合もある

1.解っていることいない事 世の中の森羅万象を理解するのは、本当に難しくて、それはそれ は不可能です。 自分がある程度知る世界であれ、多数の人に、『このひとは、解 っていないな』と、すぐ見抜かれてしまうこともたびたびあります。 政治や経済分野で…

今週のお題「間取り」 人の生活は保守的で、「間取り」も長い年月かけ変わっていくのでしょう。

今週のお題「間取り」です。 1.「間取り」の具体的ヒントなし (1)のっけから白ける話をしてしまいますが、 私のこの話は「便利な間取り」や「変な間取り」のヒントには一切 なりません。 私自身、生まれてこの方、家の間取りをあまり意識したことがない…

現状や自分の対応を変えることができないなら、自分の目線を変えてみる

1.自分の目線を変えること (1)現状や自分の置かれた環境を変えるというと、たいそう なことになり、多くの場合不可能です。(努力はしますが・・) 自分の対応により、相手の考え方を変える、周りを変えるの はもっと難しいものです。 うまくいくために…

今週のお題「下書き供養」下書きの放置は割と少なし、送信先相違の方が問題

今週のお題「下書き供養」です。 1.供養あれこれ (1)難しい言葉の定義や歴史考察は置いといて、個人的なことから。 子供の頃は九州の田舎在住、古い家、祖父母同居、父は長男で自営業 等々の要因もあり、「供養」には、割と関係していたと覆います。 具…

結果同じなら、やっぱり楽観的に考えた方が得 悩むのでなく考えること

1.言いたいこと 今日の話も、単純です。 言いたいことは、タイトルに若干補足で、3行程度で終わります。 ・悩み苦しんで出した結論も、そうでない場合も結果は同じ ・確り考え、決断し、行動することが必要で、「思考放棄」が一番 いけない ・楽観的な方…

お題「#新生活が捗る逸品」 あまり「もの」がない昔話に終始

1.お題「#新生活が捗る逸品」について まず、私には、漢字が難しかった 「捗る逸品」とは、「はかどるいっぴん」なんですね。 「はかどる」こととあまり縁がなくて、よく考えてなかったから、 かもしれません。 さて「新生活」というと、今までの生活環境…

今回のコロナ・ウイルスも生き残りをかけ、変異を繰り返し弱毒化を進めるのでは?

1.新型コロナ騒動が続いています リバタリアン的要素が強い私は、なるべく、行政に強要されること、 一方的解釈の押し付けには苦手意識を持っています。 日本は、その点ではそこそこ「いい国」なのですが、今回の新型コロ ナの件では私には誤った、かつ過…

暇つぶしの筆頭は勉強 時間がかかるし、比較的低コスト ただし熱くなり趣味は高じると青天井のコスト

1.「仕事が暇つぶし」との考えもいい (1)先日、「仕事は人生一番の暇つぶし」的なことを書きました。 しかし、「仕事」に限定すると、何かと不都合な部分も出てきます。 加齢による選択肢の幅の縮小でしょうか。 事業を行うにしても雇用での転職のように…

リスクセロの世界が、現実にあるのかな? 私見はリスクをとって結果には「諦観」対応

1.リスクは必ず存在する (1)リスクを考えるのが仕事の一つ 何事をやるにしてもリスク低減を考えることは必須で、それぞれの専 門分野においては、リスク許容度の詳細な指標があることでしょう。 (何も具体的な事例を示すのではなく、想像ですが・・) …

いいところ見せずに、終わる仕事も多い しかし、めげずに「準備」が必要

1.「目立つ」のは少数派 (1)少数派 長年しっかり準備したことが、上手く成果につながり、「仕事をして いる」と周りからちやほや称賛されるケースもあります。 確かに、政治や経営の一翼を担って、マスメディアに登場する人は います。 それはそれで、…

桜を見ました 一人です 靖国から九段まで 人はいっぱいでした

1.ただ桜を見た話 3月26日金曜午後の関東は快晴とは言いませんが、そこそこの天 気で、雨でも強風でもありませんでした。 割と時間が自由な私は、ふと思いついて、一人で桜を見に行きまし た。私が「桜の名所」に詳しいわけではありませんが、結局長い…

今年学びたいこと 料理(先生は妻)、英語・数字は独学 ある意味格好の暇つぶし

お題をアレンジしてみました。 「今年学びたいこと」を書くのですが 大そうなことは考えていませ ん。お金を払って、どこかに行って、何人かと共同で、といった昔の 「習い事」の話でありません。 話は「料理」、「外国語」、「数字」なのですが、どれも新規…

天災あれこれ やはり地震はつらい 21歳の我が家(マンション)も、ガタが来ていそう

1.地震と我が家 (1)早いもので千葉県の新浦安地域に住んで21年となります。 新築のマンションを購入し、移り住んだのですが、21歳ともなれば、 関東でのこのところの地震で、(以下擬人化しますが)相当疲れて いそう、に思います。 私は土木建築の専門…

今週のお題「祝日なのに……」 完全週休二日と重なって残念な人は、減っている?

「祝日なのに……」,いくつかの観点から 1.まずは祝日整理 昔(第二次世界大戦終結まで)は「皇室祭祀令」に定められた 「祭日」が、ありましたが、現在は「祝日」に吸収されていて、 難しい話は、やめておきます。 まず、「祝日」を整理してみると、以下の…

取り返しのつかない失敗、でも普通に起こること。PCです。

1.PCでの作業の話 精神的に大きな話をするのでなく、システム的なことで取り返し がつかないという話です。 相手がシステムだから裁量が効かない、そもそも彼等(システム) にとり「想定外」とは、どうしようもない事です。 (1)ほかの人にとり、簡単…

今週のお題「卒業」 参加者急減の長男の卒様式と「卒業できない私」の話

1.卒業の話 (1)「卒業」と言えば、ひとつは初等・中等教育でしょう。 もう150年になりますが、明治維新以来、この3月に卒業と いうこと。ゆるぎない「学制」ですね。 高等教育においては、夏目漱石の「三四郎」に見られるよ うに、夏卒業・秋入学がある…

解るようで解らない景気動向 データやヒアリングやいろんな指数あり

1.景気指標から 全体の景気なんて関係ないという人もいれば、指標として重視と いう人も、当然立場により取り扱いが違います。 まずは短いニュースから 1月景気動向指数 3か月ぶり上昇 景気判断「上方への局面変化」 | NHKニュース (1)1月景気動向指数 …

今週のお題「花粉」 花粉症はつらそうです。幸い私は免れ。

今週のお題「花粉」 1.まずは「花粉症」 明るくない話題ですが、まずはこれから (1)どうしても他人事になってしまうのですが、つらそうですね。 幸い自分は花粉症の症状は、現状全くないようですし、家族も花粉症 で苦しんでいる人は、いません。 もう…

先日、葬儀に絡む帰省で考えたこと 衛生管理と移動制限と

1.葬儀出席のため帰省 直近、プライベートで関東と九州を航空機で行き来しました。 葬儀なのですが、その件ついては、私事のため書きません。 移動最中の考えたことを、つづってみます。 一番感じたのは、やはり新型コロナ感染症への対応。 空港、機内、タ…

今週のお題「雛祭り」 今回も昔話に終始

1.今週のお題「雛祭り」 (1)私には女性の姉妹はいますが、子供に女性はいません。 昔の話になりますが、息子が幼稚園時代、歳時記的に5月節句や夏の 盆踊り、節分の記憶にありますが、「雛祭り」の記憶はありません。 よって、「雛祭り」は、もっと昔、…

読んでもらうには、関心を引くこと 原則は良く解るがその手段は?

1.当たり前の一般論 動画でも文字でも絵画でも音楽でも、視聴してもらうには、自分の 作品に関心をもってもらうことが始まりでしょう。 (1)関心を持ってもらうには、いろんな手法があるでしょうが、 一つは「恐怖心を煽ること」。 まずは、感情に訴え、…

「言葉」によって「考える」という当たり前のこと。複数言語ができる人は、やはり不思議。

1.自分が解っていることを話す 最近、哲学概論を、youtubeで聞くことが、よくあります。 語りての本職は、英語講師のようですが、話しぶりも、内容 もお気に入りです。 テーマを決めて、15分から、30分くらいで、背景や歴史を含 む概要説明や思想の通説の…

今週のお題「告白します」 今回も昔話に終始と思ったのですが、中止

今週のお題「告白します」とあります。 1.「告白」を、秘密を漏らす、と取ると 昔、竹内宏さんで、読みましたが 「秘密を作ることは楽しいが、秘密を漏らすのはもっと楽しい」 というのは、人間の性(さが)のような気がします。 「ここだけの話」は、みな…

PCRサイクル(CT値)厚生省通達で35と世界並みに変更 基準改定の実効性は?

1.PCR検査基準についての過去報道と私見 新型コロナウイルス対応については、何度も私見を書いています。 昨年11月19日の「PCR検査陽性基準」のブログもその一つ PCR検査の陽性基準を、リポートしない不思議さ これをもっと国民に知らせるべきでは? - 中…

解らないので、携帯ショップに行って話を聞きました。当然、未解決は多々あります。

1.何が解らないかが、解らない(一般論)とは 先だって、タイトル類似の件を、少し書きましたが、 日々の生活で解ら居ないことだらけです。 ここで言っているのは、いわいる政治判断とか、経営判断とか、 そもそも正解がなくて、後々人が当該判断の結果を…