中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

ビールあれこれ、仙台で工場見学、W杯ラグビー特需、田舎の義父、創業者鳥井信治郎

f:id:xmichi0:20191019153549j:plain

ビール工場技術者

仙台に行ってきました。

私は九州出身で、予備校と大学は東京、

仕事はほとんど東京で、若い頃札幌駐在はあります。

また、国内出張で北海道から沖縄までいくつか回っています。

何度も仙台を通過したのですが、なぜかいままで仙台滞在は無縁でした。

 1.そもそもビールとは?

「液体のパン」とも呼ばれるビールの歴史は古く、紀元前4000年

以上前までさかのぼります。 メソポタミアで人類が農耕生活をは

じめた頃、放置してあった麦の粥に酵母が入り込み、自然に発酵

したのが起源とされています。 

も一つ引用すると

ビールの誕生については諸説があり、紀元前8000~4000年まで

さかのぼるといわれ、文明とともに古くから人々に親しまれていたの

は確かなようです。
 人類最初の文明は、メソポタミアに興ったシュメール文明だといわ

れていますが、そこではすでにビールが飲まれていました。シュメールの

人々が粘土板に楔形文字で描いたビールづくりの模様が記録に残っ

ているからです。

自然発酵した液体を舐めて、うまい、いける、この出会いから

始まったのでしょう。ロマンを感じます。

  

2.仙台のキリンビール工場

今回縁あって初めて仙台滞在

キリンビールの工場に行きました。

工場見学は、麦も食べ、ホップにも触り、製造過程、発酵熟成、缶詰過程

までしっかり勉強しましたよ。

ちょっと不謹慎かもしれませんが、見学しながら2つのことを

考えていました。

①ビール事業は儲かるんだね。水商売だから?

 ほかの飲食業同様、最終顧客は一般人だから、工場見学というアピール

手段は、必要ですが、相対的に、ほかの業種にくらべ工場見学に費用をか

けてるように感じます。

当然ながら、儲かっていないと人と資金をかけた接待はなかなかできません。

ビール事業は「税金との闘い」とはよく聞きますが、やはり儲かる事業だけ

に税当局も、放っておくわけがありません。

②今回一番搾りのメインの工場見学だったわけですが、瓶詰めのラインは今日

はお休みで、缶詰めラインはフル稼働。

時代の流れでしょう。瓶がどんどん缶にとって代わられているようです。

消費者が求めていることですから、企業はそれに合わせた対応は、必須で

しょう。

 すこし脱線しますが、

消費者ニーズについて、 老舗和菓子屋の話を少し。

伝統を守り続け「昔と変わらぬ味」で勝負して、顧客を魅了し続ける「老舗」

なわけですが、味付けの実態は50年前と現在では、甘みが全く違う。

50年前の味なら「甘すぎてダメ」となります。

伝統を守るとは、「変わらない部分と、変わり続けていく部分」をしっかり

見極めているいうことでしょうか。

キリン一番搾り おいしさの秘密発見ツアー|キリンビール 仙台工場(宮城県)|キリンの工場見学|キリン

 

3. イベントでビール特需

何度か、触れていますが、ラグビーワールドカップのことです 

下記リンクは、あえて8月の古い記事を使っています。

ラグビーでのビール消費量がサッカーの6倍だとして、

日本が予選プールを一位で通過で、大盛り上がりですし、

特需といっていいでしょう。

ご存じのように、競技の性格上、ラグビーは毎日試合をやるわけにいか

ないし、大会は必然的に長くなります。

贔屓チームが勝ち進むと、それだけブームも長続き。

今日は決勝トーナメントで、アイルランドニュージーランドに敗れました

が、ビール好きのアイルランドサポートも、たくさんビールを消費したこと

でしょう。

ビール消費はサッカーの6倍~ラグビーワールドカップに「売り子」初投入- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞

 

4.次は熊本のサントリー

仙台から飛んで、今度は熊本の話

ずいぶん昔、子供がまだ小さいころ、義父母、妻、子供と

熊本にあるサントリーのビール工場に行きました。

暑い夏でしたし、見学の後の冷たいソフトドリンクに子供はご機嫌です。

しかし、冷房の良く効きすぎた部屋では、冷たいビールはあまりたくさん

飲めません。

義父も私も、いわいる「飲兵衛」ですが、ビール飲みすぎは、おなかにたま

るし、寒くなるし、あまり好みません。

熊本帰省の折は、今は亡き義父と、焼酎三昧の日々でした。

ビールは会食の口開けと、のどが渇いた際の「チェイサー」の役割でした。

 サントリー九州熊本工場|工場見学へ行こう

 

5. 鳥井信治郎

サントリーの連想で、創業者鳥井信治郎の話

赤玉ポートワインの赤=太陽のサン、鳥井のトリイでサントリー

ですね

「やってみなはれ」の積極果敢な経営戦略はご承知の通りですが

鳥井信治郎の生涯を描いた 伊集院静の「琥珀の夢」の話を少し。

琥珀」の意味はもちろんウイスキーです。

下記リンクは、集英社の単行本を示していますが

最初は、日本経済新聞朝刊の連載で、これで読んだ方も多数では?

私もそうです。

最後に短い引用を

わてが使う銭は皆がしあわせになりま

 お金の使い方で、経営者の力量の一端が見えるものです。

 伊集院静 最新刊『琥珀の夢』|集英社

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 [ 伊集院 静 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/13時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 [ 伊集院 静 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/13時点)

楽天で購入