中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

青春の1ページ「今週のお題」 青春」といえばサミュエル・ウルフマン 及び言志四録から

f:id:xmichi0:20190923102943j:plain

ラグビー少年


今週のお題で、少し書いてみます。

1.昔話

私は還暦前ですし、「青春」という言葉へのコメントは過去の懐古

趣味ととられません。

「青春の1ページ」といえば、中学や高校のクラブ活動での、その

時の自分の思い、同輩や先輩後輩、指導者、家族等の人間関係を

織り込ませて、書けば、まさに十人十色でいろんなエピソードが

あって面白いと思います。

もちろん年齢からして、私も「若い」その時期はありましたし、

生々しい記憶もあります。

少しラグビーをかじったこともあります。

しかし、ここでは、先人二人の言葉を取り上げます。

 2.先人の言葉から

①まず、ドイツ出身でアメリカの詩人サミュエル・ウルフマンの

「青春」でしょうか。

一部抜き書きで申し訳ないですが、私が特に気に入っているのは、

下記の部分。

 青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
  優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
  安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

  年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老い

  がくる
  歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ
  (中略)
     人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
     人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
     希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

 中高年の悪あがきと聞こえようがどう取られようが構いません。

希望を失わないで、前向きに進もうとする意志がある限り、人間は

朽ちないと思います。

高齢化社会は今後ますます進展していくなか、健康のこと、経済的

なことで悩み多き中高年にエールを送れるほど、私は強い人間では

ありません。

私の実態を書くと、健康面、経済面含めて、十分な「ゆとり」とは

程遠い状態で、今後も、もがきつづけねばなりません。

ご同輩へのエールのまえに、「希望を失わずいように」と、自分に

語り続けるだけです。

 ②もう一つ、江戸時代の儒学者斎藤一斎の「言志四録」から。

こちらも有名ですよね。

「少くして学べば、則ち壮にして為すことあり
壮にして学べば、則ち老いて衰えず
老いて学べば、則ち死して朽ちず」

これを、私は青春の観点から捉えました。

年齢からくると、私はもう「壮」の終わり近く「老」に入る段階

です。

いや、客観的には、完全に「老」だろう、と言われるかもしれま

せん。

自分の意識では「少しにして学んだ」つもりですが「壮にして為す

こと」を」残したかといえば、まったく自身がありません。

ここでは、「自分の評価は、ヒトがするもの」と、逃げましょう。

「壮」でも「老」でも、学び続けることで、「青春継続」とします。

棺桶に足を突っ込むまで、ヒトの幸せは解らない

健康寿命といわれる75歳までは、少なくとも仕事でもがき続ける

べきであろう 

と、いったことを考えています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

言志四録 現代語抄訳/佐藤一斎/岬龍一郎【1000円以上送料無料】
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/11/13時点)

楽天で購入