中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

「バタフライ」(読書感想文もどき)  私は生き延びる、蝶になり羽ばたく

f:id:xmichi0:20191025121506j:plain

Butterfly(バタフライ)


バタフライ

17歳のシリア難民少女がリオ五輪で泳ぐまで

 ユスラ・マルディニ/著
朝日新聞出版 2019.7

 著者は1998年生まれのシリア出身の競泳選手、ユスラ・マルディニ。

内戦の続く祖国を逃れ、ヨーロッパへ渡って難民となり、ドイツに受け入れられます。

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの難民選手団の一員として

競泳バタフライ100メートルに出場しました。

 

1.概要と私見

本のストーリーとしては割とシンプル、時代背景も読み解くのに難渋する訳ではありません。

私が、この手のドキュメンタリーを読んで、すぐいつも感じるのは「彼我の差」です。

今の私は、自然災害や交通事故リスクはありますが

飢え死しそうとか、突然空爆を受けるとか、処刑されそうとか、

直接生命の危険を感じたり、無理やり国外放浪を余儀なくされる

とかは、なさそうです。 

もう一歩踏み込むと、

 現実には、書籍はおろか報道すらされない、よって誰も知り得

ないが、人間の尊厳に関わる体験をした人、現在進行形の人が世界

には、ヤマホドいるんでしょうね、と感じています。

 2.章立て

第1部 芽生え

第2部 春

第3部    爆弾

第4部 海

第5部    罠

第6部 夢

第7部 嵐

第8部 五輪

著者ユスラが辿った道のりが図解されていますが

ダマスカス(2015年8月12日)から、イスタンブールヒレウス、ベオグラード、ブタペスト、ウイーン、ミュンヘンをへてベルリン(2015 年9月7日)、となっています。

 3.改めて考えた、世の中の厳しさ

生命の危険と向かい合う現実の厳しさを感じます。
以下抜粋。
・思い通りにならないことが起こるのが、この世だ。
人は死ぬときは死ぬ。お前も覚悟しておきなさい (P70:著者の父の言葉)
 ・死は無差別に、いつ降ってくるともしれないものだった。
真昼間の車で混雑する道路に、何の前ぶれもなく空から爆弾が落
ちてくる。
倒れたら、ほこりを払って立ちあがり、また歩きだすだけ。
(P105:著者の言葉)
 ・「僕はラオスで育ったんだ。」ラムがいう。
「で、フランスへ逃げた。今では僕はフランス国民なんだ。」
(P255:者の知人の言葉)

 4. 難民

こちらも、一般論でなく、引用からです。

・密航業者はおいしい仕事だ。
 毎日のように何千人もの難民を小さなゴムボートに乗せて
 ギリシャへ送り出している。
 密航業者どうしのあいだで争いを起こさないようにすることが、
 誰もの利益にかなう。(P141)
 ・2015年8月だけで、8万人以上の難民が海を渡ってギリシャ
 島々に押し寄せた(P208)
  5.難民選手団として五輪出場の決意
・他人からの施しを受けなければならない境遇はつらい(P307)
・笑う方が泣くより楽だから、笑う。泣くときはひとり。
 笑うならみんなと一緒に笑える(P335)
シリア人でこうやって声を上げるチャンスをもらえる人は
 ほとんどいない(P376)(五輪出場のことです。)
・「難民」。人間性をほとんど剥ぎ取られた、抜け殻のような存在。
 金、家、祖国、文化、歴史、人格、夢、行く先、感情、
 (どれも失っている)
 ・今回のオリンピック出場は、自分の声を世界に届けることが目的
 であって、水泳の実力とは関係がない(P398)
 ・私は自分の物語よりもっと大きなものの中に組み込まれている。
 難民五輪選手団の一員として、私は全世界の6千万人の難民を代表
 しているのだ。とても大きな責任だ。(P413)
  最後も文言も泣かせますね
 何が起ころうとも、私は立ち上がる、泳ぎ続ける、生き延びる。
 私はさなぎから蝶(バタフライ)になつて、羽ばたくのだ。
(P437)
  6.私の疑問点

➀人間は生き残るためには、何でも飲み食いするのが現実だと思う。

 豚肉ダメとかハラール認証とか、イスラム教の食の戒律は少し

 知っているが、

 難民のような生死をさまよう線上にあるとき、食の戒律を守れる

 のかな?

 例外でいいのか?

(アルコール含め飲食なんでもありの私には、食の戒律イメージが

 湧かないのです。)

  確か昔読んだレビーストローズの話に、

  タブーがあるため、ある種類の色の食べ物が摂取できず

  飢餓状態で死んでしまうケースが出ていたが、、、、

フェイスブックの話が出てきます。携帯電話の話もです。

 ・ 友人がイスタンブールのスイミングクラブに入って
   練習を始めたとフェイスブックで知った(P51)
  ・きのうの夜、フェイスブックの投稿を見たんだよ(P209)
アラブの春」はSNSあってこそ、成就したと聞いたことは
 経済面だけではなく、もろもろ厳しい環境の中で、どうやって
 た情報を取り、また発信しつづ続けることができたのだろうか。
③ 著者は1988年3月生まれで2020年の東京五輪には、23歳のはず。
 東京に来てほしいが、「難民選手団」でないとすれば、どこの国(地域?、機関?)の代表を狙うのだろうか?

 

  最後になりますが
訳者あとがきに同感の文言ありで引用します。
難民問題というと、とかく難民を受け入れる国々の側に立った報道が多いが、難民側の事情も合わせて理解することによって、よりバランスの取れた見方ができるのではないだろうか。