中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

現代版「百姓」を目指して(いろんなことが自分でできる人になろう)

f:id:xmichi0:20190927155102j:plain

1.現代社会は自給自足が困難

現在社会は、生きるため、生活していくためには、お金がないとやって

いけません。

未来の生活が保障されるほどお金の余裕がある人は別にして、そうで

ない人(こちらがほとんどの方でしょうが)は、何らかの手段で今後

とも稼いでいかねばなりません。

現在社会を遡ると、自給自足できていた時代があり、いまでもそれで

満足という方は、お金がいらないかもしれません。

しかしながら、病や死に対して、完全に「自給自足」対応できるヒト

は、今の日本では皆無に近いのでは?

 

2.お百姓さん

さて「百姓」という言葉があります。

「おひゃくしょうさん」と呼んだりします。

現在では農業従事者の意味で使いますね。

「百姓」とは、本来「おみたから」、「ひゃくせい」と呼んで

「たくさんの姓を持つひどびと」の意味であり、いわいる支配者層や

特権階級でなく、一般人のことですね。

「百の仕事ができる人」の意味でもあります。

つまり、百姓は、単一の仕事だけでなく、たくさんのことを掛け持ち

でやってきたわけです。

現代社会で自給自足は無理としても、「百姓」目指して、いろんな

ことを、自分でできるようにならねばならない、少しでも進んでい

かねばと、半年もすれば還暦を迎える今頃になって、強く感じる

日々です。