中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

今がとても苦しい方へのエール再論、すべては自分の所有物でなく借り物だったと考えると少し楽です。

f:id:xmichi0:20191123173128p:plain

どうやって命繋いでいくか、悩みは尽きない
1.終わりの時はどうだろうか?
(1)今日はいきなり、重いスタートですが、自分の死後を考えてみます。
例えば、終末論を信じるキリスト教徒は、いつか終末の時が来ると
信じているのだろう。
時間は、一直線に進み、最後の審判の時を迎える、というのはゾロ
アスター教から、いろいろ学んだセム的一神教的発想には、あるよ
うですね。
指します。
一方私の生死観は、時間はぐるぐる回る、輪廻転生に近い考え。
人間は、ほかの生物から峻別された、特別な存在とは思わないし、
他の動植物に生まれ変わることもあるでしょう。
(下記の、宇宙の一元素の意味合いも含みます。)
神が人を作ったとは思わないし、人が神を作ったと考えます。
私にとって神は、そこら中にたくさんいます。
(2)さて、死んだらどうなるかですが、宇宙の元素のひとつと
して、何らかに再構成されるのでしょうが、それがなにかは、
解らない、と言う感覚がここでの結論です。
確かに、自分が死んだあと(ありがたいことに、おそらく)
肉親や知人の一部の記憶に残るでしょうが、せいぜいそれも50年
くらいでは、ないでしょうか?
確かに、私は祖父母は、明確に記憶がありますが、それより前は
解りません。
私には子供がいますが、彼らには、当然「私の祖父母」の記憶は
ありません。
古今東西、権力者は、死後も何とか自分の存在を残そうと考え、
墓やいろんな建造物を残そうとしたのでしょうが、そもそも
不老不死は無理です。
ヘロトドス「歴史」7巻45章ー46章に下記記載があります。
 いわいるペルシャ戦争の際の話です。
海岸という海岸が自軍の軍兵で満ち満ちいるのを見て
ペルシャの大王、クセルクセスが涙を流します。
「これだけの数の人間がおるのに、誰一人として百歳
の齢まで生き永らえることができぬと思うと、おしな
べて人の命はなんとかないものかと、わしはつくづく
哀れを催してきたのじゃ。」
 自分含め誰しも老いていくし、この屈強な若者で構成する大軍団も、
所詮人間の集団だから、数十年もすると、誰もいなくなってしまう、
ということですよね。
仏教の無常観にも通じますね。
 2.とても苦しい時に
2020年1月7日に、下記タイトルでアップしています。
そこで言いたかったことを、再度記載すると
社会的地位や資産や肉親、友人、知人を失ったとする。
悔しくて情けなくてしかたない。
しかし、立ち直りのためには、認知を変える必要あり。
そもそも社会的地位や資産や肉親、友人、知人すら、
自分が所有できるものでなかったのだ。
今まで、自分の周りに存在してくれて、楽しい思いをさせ
もらい、ありがたかった。
失ったのでなく、借りていたものを返して、元に戻っただけ。
私独自の発想ではなく、何かで読んだ僧侶の言葉だったかと
思います。
タイトルに「再論」と書いていますが、今がとても苦しい人に、
わずか数か月で「練り上げた新機軸」が提示できるような、やわな
問題ではありません。
先般の回答事例をリピートするだけ、つまり
失ったのでなく、借りていたものを返して、元に戻っただけ。
だから、あまりに、無限に落ち込んでいくのはやめよう。
命はつないでいこう。
現実に、今餓死するとか、重い病で死んでしまうわけではなさそう。
(この表現も私は、よく使いますが)今の日本では、戦場での死亡
政治的抹殺=「生物的死」の恐れは、とても低そう。
「経済的死」の可能性が、高いというだけ。
百歩譲って、「経済的死」を迎えたとしても、「生物的死よりまし」
との発想がもてれば、それでもいい、との考え方もあります。
3.最後に
全体のトーンがとても重苦しいので、最後は 、「塞翁が馬」といき
ましょう。
人生は、思い通りにはいかないし、苦しいいことの連続です。
それを普通と考えましょう。
とはいえ、人智を超えたところで、将来何かいいことがある
かもしれません。
前向きも後ろ向きも、結果が同じだとしたら、前向きのほう
が精神衛生上もいいように思います。
それこそ「棺桶に入るまで」勝負は解らないのです。 
 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歴史 下 岩波文庫 改版 / ヘロドトス 【文庫】
価格:1386円(税込、送料別) (2020/5/9時点)

楽天で購入