中高年michiのサバイバル日記

世の中のこと、身の回りのこと、本のこと、還暦前の中高年がざっくばらんに書きつける日記

今週のお題「応援」 視点は感謝、運動会、強者、自分自身

f:id:xmichi0:20200127113304j:plain

運動会での応援イメージ

今週のお題「応援」 別表現で「あなたに届け,のエール!」です。

 応援というのは基本他者がいるものですが、いや、自分の応援というも

ありでしょうし、いくつかの視点で書いてみます。

1.感謝(自分が応援を受けてきたことに対して)

(1)何も、人生が解った年長者ぶって、説教じみた話をするつもりは

ありません。

しかし自分がここまで、何とか生きてこれたことは、様々な応援を受

けてきたためとはだれしも納得するでしょう。

直接的には、父母はじめ家族や親類縁者でしょうが、諸先生・先輩・後輩、

友人・知人、書籍の中の人物等々、たくさんいるはずです。

私の場合も、応援してくれた人々のうち多くの人を、自分で自覚できて

いないし、自覚できないまま、一生を終えることも多いでしょう。

その応援に対して、まず感謝です。

(2)私も、一神教的世界や、無神論的世界も、ある程度知識としては知っ

ていますが、個人の感覚としては、

・神は自然のものすべてに神が宿る「八百万の神に近いし、

・仏教的な諦観(あきらめ)はあるし、

老子の「天網恢恢祖にして漏らさず」(おてんとう様は見ているよ)も

気に入っています。

感情のベースに感謝は必要。

つまり、「応援」といえば、まず「感謝」を書きます。

 2.応援と言えば、運動会

以前、私の小学校時代の運動会の町内リレーをアップしました。

田舎の運動会、町内対応リレー 1970年代の地方での話です、悪しからず。 - 中高年michiのサバイバル日記

 抜粋しますと

・(子供の私は)「町内対抗リレー」に賭けています。

・一方大人たちは、自分の子供がリレー選手であるか否かはある意味

 無関係で、属する「町内」の仲間とビールや焼酎を楽しく飲めれば

 それでいいわけです。

 ・小学校の運動会「町内対抗リレー」が、児童や学校関係者だけでな

 く、地域社会の一つのイベントであった当時

「激しい応援の思い出」はやはりコレです。

  3.強者オールブラックスの応援、しかし・・

(1)「嫌味な性格」と言われるのを、承知で書くと、私は判官びいきとい

うより、強者を応援してきたようです。

実利的な話をすると、「判官びいき」と比べて、応援しがいがあるというか、

勝っていい気分、になることが多いです。

ラグビーネタは、このブログでななんどか、取り上げましたが、ラグビー

NZ代表オールブラックスは私が長年応援しているものの一つ。

トップスポーツの場合、どの競技も栄枯盛衰は、つきものですが、この

オールブラックスが、長年強者でありつづけているのは、ラグビーファン

ならご存知の通り。

 強者の宿命もあり、「打倒オールブラックス」に、各代表は絞って戦略を

立ててきます。

今年日本で盛り上がった、Wカップは、もう8回目で、実力では、いつも

「優勝候補筆頭を越えて大本命」なのですが、割とよく負けて、優勝でき

ません。

今回もそうでした。

応援するファンとしては残念至極です。

(2)なお、昨年のWカップは、ラグビー日本代表も、応援しましたよ

こちらもブログで書いていますが

ラグビー日本代表と日本人 グローバル化を実感するよい機会 - 中高年michiのサバイバル日記

国の代表以上に、今までの日本代表の中でも好きなチームでした。

4.自分自身の応援

 最後に、こみ見出しで書かねばなりません。

いろんな、考え方がありますが、幼児期はともかく、ある程度大きくなった

ら、誰しも自分に責任を持たねば、なりません。

とはいえ、「誰しも」、自分自身に大いなる自身があり、100%大好きで、

あることはないでしょう。

しかし、冒頭1.感謝で述べたように自分を取り巻くすべての皆さんの

応援「おかげ様」で生きてきている訳ですから

前提として、まず自分自身で「がんばれ!」と、自分を応援していくことは、

義務に近いにではないでしょうか。

(とはいえ、いつも頑張って、折れてしまっては困りますから

 がんばらない、手を抜く、諦める、逃げる、といったことをうまく混ぜる

のは絶対必要かと、思います。)

 

下記紹介は老子の「天網恢恢祖にして漏らさず」